天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

春の大三角の見つけ方 見える時期と月ごとの動きのまとめ

投稿日:2018年12月27日 更新日:

春の大三角は、
春の夜空の象徴的存在ですが、

いつごろ、どの方角で
見られるのでしょうか?
 

春の大三角の月ごとの動き
(何時ごろにどの方角にあるか)
を、まとめました。

 
 

スポンサードリンク


 
 

春の大三角の見つけ方 見える時期と月ごとの動きのまとめ


 

春の大三角が、いつ頃どの方角に見えるのか、
月毎の動きを見ていきたいと思います。

 
 

1月上旬

デネボラ → アークトゥルス → スピカの順に
東の地平から昇ってきますが、

3つ全てが姿を現すのは午前1時ごろ。

日の出ごろ(午前7時前頃)には、
天頂より少し南寄り、三角の中心は
高度約60°の位置にあります。

 

 

2月上旬

3つの恒星全てが姿を現すのは午後11時ごろ。

三角の中心あたりが南中するのは午前4時ごろ。
(高度約60°)

日の出ごろ(午前6時半すぎ頃)には、
西南西の空、三角の中心は
高度約40°の位置にあります。

 

 

3月上旬

3つの恒星全てが姿を現すのは午後9時ごろ。

三角の中心あたりが南中するのは午前2時ごろ。
(高度約60°)

日の出ごろ(午前6時すぎ頃)には、
西南西の空、三角の中心は
高度約30°の位置にあります。

 

 

4月上旬

3つの恒星全てが姿を現すのは午後7時ごろ。

三角の中心あたりが南中するのは日が変わるころ。
(高度約60°)

日の出ごろ(午前5時半頃)には、
西の空、三角の中心は
高度約15°の位置にあります。

デネボラは地平に沈むか沈まないか、
という位置にあります。

 

 

5月上旬

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
東の空、三角の中心は高度約30°の
位置にあります。

三角の中心あたりが南中するのは
午後10時過ぎ頃。(高度約60°)

日の出ごろ(午前5時頃)には、
アークトゥルスだけを残し、
残りの2つは地平に沈んでいます。

アークトゥルスの高度は約15°です。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

6月上旬

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
南東の空、三角の中心は高度約60°の
位置にあります。

三角の中心あたりが南中するのは
午後8時過ぎ頃。(高度約60°)

午前1時半ごろにはデネボラが、
午前2時ごろにはスピカが西の地平に沈み、

日の出ごろ(午前4時半頃)には、
アークトゥルスが西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南の空、三角の中心は高度約60°の
位置にあります。

午後11時半ごろにはデネボラが、
午前0時ごろにはスピカが、
午前2時半ごろにはアークトゥルスが
西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
南西の空、三角の中心は高度約45°の
位置にあります。

午後9時半ごろにはデネボラが、
午後10時ごろにはスピカが、
午前0時半ごろにはアークトゥルスが
西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬

日の入りごろ(午後6時すぎごろ)
西南西の空、三角の中心は高度約30°の
位置にあります。

午後7時半ごろにはデネボラが、
午後8時ごろにはスピカが、
午後10時すぎごろにはアークトゥルスが
西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
デネボラがちょうど地平に沈みます。

午後7時ごろにはスピカが、
午後8時すぎごろにはアークトゥルスが
西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬

日の入りごろ(午後5時前ごろ)

アークトゥルスだけが西の空、
高度約15°の位置にあり、

スピカとデネボラはすでに沈んでいます。

アークトゥルスも午後6時過ぎごろには
西の地平に沈みます。
 

翌、午前5時ごろ、春の大三角は
東の地平に姿を見せます。

日の出までの1時間くらいは
観測できるでしょう。

 

 

12月上旬

3つ全てが姿を現すのは午前3時ごろ。

日の出ごろ(午前6時半頃)には、
南東の空、三角の中心は
高度約50°の位置にあります。

 

関連記事

春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

春の大曲線の探し方 見える時期と方角 月ごとの動きのまとめ

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おおぐま座のしっぽが長い理由!?扱いが雑すぎる神話の神様

おおぐま座といえば、 北斗七星を有する星座として とても有名ですよね!   その、おおぐま座ですが、 星座絵を見てみると、 しっぽが異様に長いんです!   北斗七星のひしゃくの柄の …

ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

ペルセウス座の近くには、 アンドロメダ座とカシオペア座がありますが、 この2つの星座も、ペルセウス座の神話に 深くかかわっています。   英雄・ペルセウスの冒険の物語と アンドロメダ・カシオ …

みなみのかんむり座とは 主な恒星と星団・星雲など星座の特徴

”みなみのかんむり座”って ご存知ですか?   いて座のすぐ近くにある 小さな星座で、 うしかい座の隣にある かんむり座とは違う星座です。   形もかんむり座に似ていて、 小さな半 …

こいぬ座の見つけ方 プロキオンの位置と動き ひと月ごとのまとめ

こいぬ座は、α星である 一等星・プロキオンを有する星座として よく知られていますね!   プロキオンは、冬の大三角や 冬のダイヤモンドを形成する 星の一つとしても有名です。   そ …

おうし座かに星雲の位置は?見つけ方とひと月ごとのおうし座の動き

おうし座にある かに星雲の位置と、 ひと月ごとの動きを まとめています。   かに星雲は8.4等級なので、 肉眼では見えず、 ちょっと探しにくいかも しれません。   なので、どの …