%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%84%e5%ba%a7%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%80%80%e3%81%93%e3%81%90%e3%81%be%e5%ba%a7%e3%83%bb%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%90%e3%81%be%e5%ba%a7%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2

うしかい座の神話 こぐま座・おおぐま座との関係と3つの説

いくつか説があって、

 

主な3つの説を取り上げてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

うしかい座の神話 こぐま座・おおぐま座との関係と3つの説

 

モデルとなった人物は誰か!?

 

色々な論争があるようですが、

ご紹介したいと思います。

 

 

 

アルカスは、大神・ゼウスと、

(精霊・妖精)・カリストとの間に生まれました。

 

ゼウスの妻である女神・ヘラは、

変えてしまいます。

 

獣として生きざるを得ませんでした。

 

狩りをしていた息子・アルカスと遭遇します。

 

母・カリストだとは知らず、

獲物として狩ろうとします。

 

カリストが息子に殺される前に、

おおぐま座とこぐま座にしました。

 

小熊に変えられる前の、

というのが第一の説です。

 

左手に二匹の猟犬(りょうけん座)を従え、

夜空を回っています。

 

ともいわれています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

2.巨神・アトラス説

 

争いを好まない、温和で優しい性格の神でした。

 

ティタノマキア大戦に巻き込まれてしまいます。

 

オリンポス軍に敗れ、

という拷問ともいうべき罰を与えられます。

 

苦痛に耐えかねたアトラスは、

持ち帰る途中の英雄・ペルセウスに、

頼みました。

 

石に変えられたアトラスは、

ようやく逃れられた、ということです。

 

アトラス山脈だといわれています。

 

うしかい座になった、

というのが第二の説です。

 

 

3.アッティカ王・イカリオス説

 

酒の神・ディオニュソスが、

やってきたときに歓迎した人物です。

 

といわれています。

 

国民に分け与えましたが、

殺されてしまいます。

 

愛犬・マイラはそのことを嘆き、

イカリオスの墓のそばで首を吊り、

やがて死んでしまいました。

 

それぞれを天に上げ、星座にした、ということです。

 

 

というのが、第三の説です。

 

 

それぞれ、とても切ないお話ですね・・・

 

関連記事

うしかい座とは 恒星の名前と見つけ方

うしかい座流星群とは 方角や活動期間 特徴と母天体ついて

うしかい座流星群 2019年の方角やピーク(極大)見頃はいつ?

 

 

スポンサードリンク

READ  みなみのかんむり座とは 主な恒星と星団・星雲など星座の特徴