天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

水瓶座の見つけ方 各月ごとの動きと方角について

投稿日:2018年12月18日 更新日:

水瓶座(星座)の見つけ方と、
各月ごとの星座の動きを
まとめています。
 

水瓶座には目立った明るい恒星がないので、
少し見つけにくいと思います。
 

そこで、いつごろ、
どの方角で見られるのか、

1か月ごとの位置や高度を
記しました。

 
 

スポンサードリンク


 
 

水瓶座の見つけ方 動きと方角について


 

水瓶座は1等星や2等星など、
明るい恒星が無いので(最高で3等星)
少し見つけにくいかもしれません。

 

そこで、水瓶座の動きを、
月毎に見ていきたいと思います。

 

 

1月上旬

日の入りごろ(午後4時半ごろ)、
南南西の空、高度約40~50°の
位置にあります。

午後8時半ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬

日の入りごろ(午後5時ごろ)、
南南西の空、高度約20~30°の
位置にあります。

午後6時半ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬

日の出の頃(午前6時ごろ)に、
東の地平より昇り、

日の入り(午後5時半ごろ)前、
午後4時半ごろ、西の地平に沈むので、
観測することはできません。

 

 

4月上旬

午前4時ごろ、東の地平より昇ってくるので、
日の出(午前5時半ごろ)の前まで
観測可能ですが、

高度が低いので(日の出の頃で高度約20°)
余程開けた場所でないと難しいでしょう。

 

 

5月上旬

夜中の2時ごろ、東の地平より昇ってくるので、
日の出(午前5時ごろ)の前まで観測可能です。

午前5時ごろで高度約30°の位置にあります。

 

この時期はちょうど、みずがめ座η(イータ)流星群
があるので、観測してみてください。

 

みずがめ座η流星群については、
別記事にまとめてありますので、
そちらの方をご参照ください。
     ↓     ↓
みずがめ座η流星群の読み方 方角や極大(ピーク)母天体について

みずがめ座η流星群 2019年の方角と極大(ピーク)見頃の時間帯は?

 

 

6月上旬

日付が変わる頃、東の地平より昇ってきます。

日の出の頃(午前4時半ごろ)には、
南南西の空、高度約50度の位置にあります。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

7月上旬

午後10時ごろ、東の地平より昇ってきます。

南中は午前3時半ごろ。

日の出の頃(午前4時半ごろ)には、
南南西の空、高度約50度の位置にあります。

 

7月下旬ごろ、みずがめ座δ流星群が、
ピークを迎えます。

 

みずがめ座δ流星群については、
別記事にまとめてありますので、
そちらの方をご参照ください。
     ↓     ↓
みずがめ座δ流星群とは 方角や活動期間 特徴と母天体

みずがめ座δ流星群 2019年 方角とピーク(極大)の時間帯 見頃はいつ?

 

 

8月上旬

午後8時ごろ、東の地平より昇ってきます。

南中は午前1時半ごろ。

日の出の頃(午前5時前ごろ)には、
南西の空、高度約30度の位置にあります。

 

 

9月上旬

日の入りごろ(午後6時ごろ)
東の地平より昇ってきます。

南中は午後11時過ぎ。

日の出の頃(午前5時過ぎ)に、
西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
南南東の空、高度約20°の位置にあります。

南中は午後9時過ぎ。

午前3時前ごろに、
西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南東の空、高度約40°の位置にあります。

南中は午後7時過ぎ。

午前1時前ごろに、
西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
南南東の空、高度約50°の位置にあります。

南中は午後5時過ぎ。

午後23時前ごろに、
西の地平に沈みます。

 

 

水瓶座は、目立った明るい星が無いため、
見つけにくいかもしれませんが、

すぐ下に、みなみのうお座の
フォーマルハウトという1等星があるので、
それを目印に見つけてください。
 

 クリックで拡大します
 

上の図の一番下の星です。

 

関連記事

水瓶座について 恒星の名前や特徴 星雲・星団

水瓶座の神話 ガニュメデスが美少年すぎたための悲劇!?

わし座とアルタイルの神話 ゼウスとガニュメデス、大鷲について

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

へび座の主な恒星の名前と星団・星雲など星座の特徴について

へび座は、2つに分断されている、 ちょっと珍しい星座です。   はじめは、へびつかい座の 一部として扱われていたのが、 後に切り離される、という、 ちょっと変わった経歴をもっています。 &n …

ペルセウス座の神話 メデューサの首の物語【前編】

ペルセウス座は、 ギリシャ神話の英雄・ペルセウスが、 怪物メデューサの首を手にしている姿を 象った星座です。   ペルセウスが、様々な試練を掻い潜り、 メデューサの首を討ち取るまでの物語を …

オリオン座の三ツ星の名前と意味 恒星・星雲など星座の特徴

オリオン座といえば、 冬の夜空を代表する とても有名な星座ですね!   特徴的な三ツ星があるので 見つけやすく、 一度はご覧になったことが あるかと思います。   そんなオリオン座 …

おひつじ座の見つけ方 よく見える時期と位置・方角

おひつじ座は、 占星術の星座としては 華やかで情熱的な印象ですが、   星空での(天体としての) おひつじ座は、 ちょっと地味で あまり目立たない存在です。   そんな夜空での お …

おとめ座のギリシャ神話 デメテルとペルセフォネ・アストレアの伝説

おとめ座の由来となった ギリシャ神話をご紹介しています。   ギリシャ神話は複数の説が 伝承されていることが多いですが、 おとめ座の神話も   豊穣の女神・デメテルと その娘・ペル …