天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

水瓶座の見つけ方 各月ごとの動きと方角について

投稿日:2018年12月18日 更新日:

水瓶座(星座)の見つけ方と、
各月ごとの星座の動きを
まとめています。
 

水瓶座には目立った明るい恒星がないので、
少し見つけにくいと思います。
 

そこで、いつごろ、
どの方角で見られるのか、

1か月ごとの位置や高度を
記しました。

 
 

スポンサードリンク


 
 

水瓶座の見つけ方 動きと方角について


 

水瓶座は1等星や2等星など、
明るい恒星が無いので(最高で3等星)
少し見つけにくいかもしれません。

 

そこで、水瓶座の動きを、
月毎に見ていきたいと思います。

 

 

1月上旬

日の入りごろ(午後4時半ごろ)、
南南西の空、高度約40~50°の
位置にあります。

午後8時半ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬

日の入りごろ(午後5時ごろ)、
南南西の空、高度約20~30°の
位置にあります。

午後6時半ごろ、西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬

日の出の頃(午前6時ごろ)に、
東の地平より昇り、

日の入り(午後5時半ごろ)前、
午後4時半ごろ、西の地平に沈むので、
観測することはできません。

 

 

4月上旬

午前4時ごろ、東の地平より昇ってくるので、
日の出(午前5時半ごろ)の前まで
観測可能ですが、

高度が低いので(日の出の頃で高度約20°)
余程開けた場所でないと難しいでしょう。

 

 

5月上旬

夜中の2時ごろ、東の地平より昇ってくるので、
日の出(午前5時ごろ)の前まで観測可能です。

午前5時ごろで高度約30°の位置にあります。

 

この時期はちょうど、みずがめ座η(イータ)流星群
があるので、観測してみてください。

 

みずがめ座η流星群については、
別記事にまとめてありますので、
そちらの方をご参照ください。
     ↓     ↓
みずがめ座η流星群の読み方 方角や極大(ピーク)母天体について

みずがめ座η流星群 2019年の方角と極大(ピーク)見頃の時間帯は?

 

 

6月上旬

日付が変わる頃、東の地平より昇ってきます。

日の出の頃(午前4時半ごろ)には、
南南西の空、高度約50度の位置にあります。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

7月上旬

午後10時ごろ、東の地平より昇ってきます。

南中は午前3時半ごろ。

日の出の頃(午前4時半ごろ)には、
南南西の空、高度約50度の位置にあります。

 

7月下旬ごろ、みずがめ座δ流星群が、
ピークを迎えます。

 

みずがめ座δ流星群については、
別記事にまとめてありますので、
そちらの方をご参照ください。
     ↓     ↓
みずがめ座δ流星群とは 方角や活動期間 特徴と母天体

みずがめ座δ流星群 2019年 方角とピーク(極大)の時間帯 見頃はいつ?

 

 

8月上旬

午後8時ごろ、東の地平より昇ってきます。

南中は午前1時半ごろ。

日の出の頃(午前5時前ごろ)には、
南西の空、高度約30度の位置にあります。

 

 

9月上旬

日の入りごろ(午後6時ごろ)
東の地平より昇ってきます。

南中は午後11時過ぎ。

日の出の頃(午前5時過ぎ)に、
西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
南南東の空、高度約20°の位置にあります。

南中は午後9時過ぎ。

午前3時前ごろに、
西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南東の空、高度約40°の位置にあります。

南中は午後7時過ぎ。

午前1時前ごろに、
西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
南南東の空、高度約50°の位置にあります。

南中は午後5時過ぎ。

午後23時前ごろに、
西の地平に沈みます。

 

 

水瓶座は、目立った明るい星が無いため、
見つけにくいかもしれませんが、

すぐ下に、みなみのうお座の
フォーマルハウトという1等星があるので、
それを目印に見つけてください。
 

 クリックで拡大します
 

上の図の一番下の星です。

 

関連記事

水瓶座について 恒星の名前や特徴 星雲・星団

水瓶座の神話 ガニュメデスが美少年すぎたための悲劇!?

わし座とアルタイルの神話 ゼウスとガニュメデス、大鷲について

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

くじら座のギリシャ神話 ポセイドンが送り込んだケートスの物語

くじら座は、全天で 4番目の大きさを持つ星座です。   そのモデルとなったのは、 ”ケートス”という怪物だと 言われています。   ”くじら”といっても、 今のようなクジラの姿では …

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き

やまねこ座は、 わりと大きな星座なんですが、 明るい星があまりないので 夜空では見つけにくい星座です。   そんな やまねこ座ですが、   何時ごろ、どの位置(方角や高度)に 出て …

おおぐま座の特徴 北斗七星と主な恒星 星雲・銀河など

おおぐま座は、 北斗七星を有する星座として 有名ですね!   では、北斗七星以外に どんな恒星があるのでしょうか?   星雲や銀河は? 見つけ方は?   など、おおぐま座 …

たて座の見つけ方 位置(方角・高度)など、ひと月ごとの動き

たて座には明るい星が無く、 夜空では目立たず、 見つけにくい星座の一つです。   でも、周りに夏の大三角など、 分かりやすい目印(!?)が たくさんあるので、 大体の位置は 掴みやすいと思い …

ベテルギウスの爆発でガンマ線バーストが直撃したら!?

恒星が超新星爆発を起こすと ガンマ線が放出され、 それが直撃すると 地球上の生命は絶滅する、 といわれています。   その超新星爆発を、 近々起こすかもしれない、 といわれているのが オリオ …