%e3%81%af%e3%81%8f%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%86%e5%ba%a7%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%82%92%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%ab%e8%aa%ac%e6%98%8e%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%80%e7%94%b1%e6%9d%a5%e3%81%af

はくちょう座の神話を簡単に説明します 由来は複数ありますが・・・

 

 

簡単に説明していきます。

 

スポンサードリンク

 

はくちょう座の神話を簡単に説明します

複数あるのが一般的で、

いくつか伝えられています。

 

 

一つ目は、

スパルタ王妃・レダの元へ舞い降りた姿

だという説。

 

美しい白鳥の姿となり、レダの元へ舞い降りました。

 

といわれています。

 

1つの卵から、カストルとポルックス兄弟が、

ヘレネー姉妹が、それぞれ生まれました。

 

あの有名なふたご座の兄弟です。

 

トロイア戦争の引き金となった美女で、

ギリシャ軍の総大将・アガメムノンの妻です。

 

スパルタ王・テュンダレオスの子だとされています。

 

 

二つ目は、

白鳥に変身したゼウスの姿

だという説。

 

罰を与える女神です。

 

これを嫌がり、様々な姿に変身しながら逃げ回ります。

 

ゼウスが白鳥に変身し、ついに捉えられてしまいます。

 

というもの。

 

その卵がスパルタ王妃・レダの元へ届けられ、

生まれた、という説もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

三つ目は、

アポロンの息子・パエトンを探すキクヌスの姿

だという説。

 

友人達が信じてくれないため、

太陽の戦車を借り受けました。

 

地上のあちこちで大火災が発生しました。

 

パエトンを打ち落としました。

 

彼のことを必死になって探しました。

 

アポロンが哀れに思い、

といわれています。

 

 

四つ目は、

はくちょう座になった

という説。

 

こと座になった竪琴は、

 

はくちょう座となって、

という説もあります。

 

こと座の神話 悲劇でちょっと怖い話とその後の話

 

 

 

わし座になった、という説もあって、

美少年をさらっています・・・

 

わし座とアルタイルの神話 ゼウスとガニュメデス、大鷲について

 

言われている割には

結構なトラブルメーカーですよね・・・

 

関連記事

はくちょう座の動きと見つけ方 時期と時間、方角について

はくちょう座κ流星群 2019年のピークの時間帯と方角は?

はくちょう座デネブまでの距離は?色や大きさ、特徴を解説します

夏の大三角とは 星の名前と星座 方角や見つけ方 動きなど

 

 

スポンサードリンク

READ  うみへび座の恒星や星雲・星団、銀河団など星座(天体)の特徴