天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

わし座アルタイルの意味と由来 色と大きさはどのくらい?

投稿日:2018年12月4日 更新日:

わし座のアルタイルといえば
牽牛星(彦星)として、

こと座のベガ(織女星:織姫星)
とともに、七夕伝説で
有名な星ですね!

 

日本でも馴染みの深い
アルタイルについて、
 

どんな星なのか

アルタイルの意味と由来

色や大きさは?
 

など、わし座アルタイルについて
まとめてみました。

 
 

スポンサードリンク


 
 

わし座アルタイルの意味と由来

わし座のアルタイルは、
全天21の一等星のうちの一つで、

こと座のベガほど明るくはありませんが、

はくちょう座のデネブとともに、
夏の大三角を形成し、

夏の夜空でひときわ目立つ存在です。

 

ベガは全天で5番目、
 アルタイルは全天で12番目、
 デネブは全天で19番目の明るさです(見かけ上)

 

”アルタイル”の意味は、”空飛ぶ鷲”
という意味で、アラビア語に由来します。

 

アラビアでは、アルタイルの両脇にある、
β星・アルシャインとγ星・タラゼドとの
3つ星で鷲を象る、
とされていました。
 クリックで拡大します
 

アルタイルの日本での別名は、

”牽牛星” ”彦星” ”牛飼星” ”犬飼星”

などと呼ばれています。
 

牽牛星や彦星は、七夕伝説での呼び方で
よく知られていますね!
 

牛飼星というのは彦星が牛飼いだったことに
由来します。
 

七夕伝説について、詳しくはこちら!
     ↓     ↓
こと座ベガの神話 わし座アルタイルとの2つの牽牛織女伝説

わし座とアルタイルの神話 ゼウスとガニュメデス、大鷲について

 

犬飼星(いぬかいぼし)というのは、
アルタイルの両脇にあるβ星とγ星の配置が、

アルタイルが犬を連れているように見える、
というとことから、

地方によっては犬飼星と呼ぶようになった、
と考えられています。

 

わし座については、
こちらの記事をご参照ください。
     ↓     ↓
わし座とは 特徴と星の名前 星雲・星団 方角と見つけ方

 
 
 

スポンサードリンク


 
 
 

わし座アルタイルの色と大きさはどのくらい?

わし座アルタイルは
白く見える1等星で、

3個の伴星を持つ4重星
(見かけの二重星を含む)

たて座δ型変光星(脈動変光星の一種)
であるといわれています。
 

※脈動変光星についての説明は
 こちらをご参照ください → 脈動変光星について

 

アルタイルの大きさは、太陽の直径の
約1.8倍
だといわれていて、

高速自転しているため、
赤道の直径が極の直径より14%大きい
楕円形をしています。
 

こと座のベガは約2.5倍、
 はくちょう座のデネブは約200倍、
 といわれています

 

自転速度は、約9時間で1周です。

地球が24時間で1周なので、
かなり速いですね!

 

アルタイルの見つけ方は、
まず、夏の大三角を見つけてください。

夏の夜空で夏の大三角はかなり目立つので
すぐ見つかると思います。
 

3つの星の中で一番明るいのがこと座のベガで、

7月中旬では午後11時ごろ、
8月中旬では午後9時ごろ、
9月中旬では午後7時ごろ、

ベガは、天頂近くに位置しています。
 

この時間帯に探すなら、
ベガから、南のほうへ少し下がったところにある
明るい星がアルタイルです。

 

その他の時間帯別の位置(動き)については
別記事にまとめてありますのでご参照ください。
      ↓     ↓
夏の大三角とは 星の名前と星座 方角や見つけ方 動きなど

 

関連記事

こと座 ベガの色や大きさ、アルタイルとの距離と位置は?

こと座の特徴と恒星の名前 見える時期と見つけ方

 
 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オリオン座の三ツ星の名前と意味 恒星・星雲など星座の特徴

オリオン座といえば、 冬の夜空を代表する とても有名な星座ですね!   特徴的な三ツ星があるので 見つけやすく、 一度はご覧になったことが あるかと思います。   そんなオリオン座 …

わし座とアルタイルの神話 ゼウスとガニュメデス、大鷲について

ギリシャ神話は通常 幾通りものパターンがあり、 わし座の神話も 様々な説があります。   今回は、数パターンある わし座の神話について まとめました。     スポンサー …

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …

おとめ座の見つけ方 方角や位置・南中高度など、ひと月毎の動き

おとめ座は、黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でもおなじみの星座ですね!   この記事では、夜空の星座・ おとめ座の見つけ方を解説しています。   どの時間帯に、どの方角や 位置に …

ペガスス座の恒星の名前と星団・銀河などの特徴について

ペガスス座は、 秋の夜空に浮かぶ四角形、 ”秋の四辺形”を作る 星座として知られています。   4角形を構成する星の他に、 どのような恒星があるのか ペガスス座に属する星団や銀河は? &nb …