天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ほ座超新星残骸やガム星雲など、主な恒星や星座の特徴について

投稿日:2019年9月26日 更新日:

ほ座って、変わった名前ですよね?
 

最初、何のことかな?
と思ったんですが、

漢字で書くと”帆(ほ)座”
 

そう、船の帆のことだったんですね!
 

南天の星座で、

日本で全体像が見られるのは
四国以南となる ほ座ですが、
 

どんな恒星があるのか

属する星雲や星団は?
 

など、ほ座の星座としての
特徴をまとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ほ座超新星残骸やガム星雲など、主な恒星や星座の特徴について


 

ほ座は、元々は、今はもう無くなってしまった
”アルゴ座”の一部だったんです。

 

アルゴ座というのは、ギリシャ神話で有名な、

アルゴー号(イアソンが金羊毛皮を探しに行った船)
がモデルとなった星座でしたが、
 

あまりにも大きすぎたので、

”りゅうこつ座” ”とも座” ”ほ座”

の3つに分割されました。

 

※らしんばん座は、アルゴ座より後に、
 新たに設定された星座です。
 


 

ほ座は、南天の星座で、

日本では四国より南でないと
全体像を観測することはできません。

 

ほ座には、ほ座超新星残骸や、
ガム星雲など、注目の天体があり、
 

みなみじゅうじ座と間違えやすい
”ニセ十字”なども有名です。

 

 

では、次の章では、
それぞれの天体について、

解説していきたいと思います。

 

 

ほ座超新星残骸やガム星雲など、主な星雲や星団など

 クリックで拡大します
 

ほ座超新星残骸とは、

ほ座のγ星~λ星あたりに広がる
超新星残骸です。

 

超新星残骸とは、

恒星が超新星爆発を起こした後に残る、
恒星を形成していたガスで、
 

猛スピードで宇宙空間に広がっていき、

やがて周囲の星間ガスと同化する
(数万年程度で)と考えられています。

 

 

この星雲の中にほ座パルサーがあります。

 

パルサーとは、パルス状の電波などを
発生させている天体の総称で、
 

超新星爆発の後に残った恒星の中心核の部分
(中性子星)であるとされています。

 

 

また、NGC2736:ペンシル星雲
この中に含まれています。

 

鳥の羽で作られた”羽ペン”のような
姿をしています。

 

地球からの距離は約800光年です。

 

 

ガム星雲とは、

ほ座・とも座・らしんばん座・りゅうこつ座の
4星座に渡って広がる広大な星雲です。

 

上の図で一応丸を付けていますが、
実際はもっと大きく広がっています。

 

こちらも超新星残骸で、

約100万年前に起こった
爆発の残骸だと言われています。

 

地球からの距離は約1300光年です。

 

 

その他、

IC2391・・・散開星団

      地球からの距離は約500光年です。

 

 

NGC3201・・・球状星団

      地球からの距離は約16300光年です。

 

 

NGC3132・・・惑星状星雲

      その形状から、8の字星雲・南のリング星雲
      などとも呼ばれています。

      地球からの距離は約2000光年です。

 

などがあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ほ座の主な恒星

 クリックで拡大します
 

γ星・・・2等星

     ほ座の中で一番明るい恒星です。

     6つ以上の星から成る重星です。

     地球からの距離は約1120光年です。

 

 

δ星・・・Alsephina:2等星

     ほ座の中で2番目に明るい恒星で、
     ”ニセ十字”を形成する星の一つです。

     固有名のAlsephinaは、アラビア語で
     ”船”を意味する言葉が語源となっています。

     地球からの距離は約80光年です。

 

※ニセ十字とは、ほ座のδ星とκ星、
 りゅうこつ座のι星とε星から成る

 十字型の星の並びのことです。

 

 みなみじゅうじ座とよく似ていて
 間違われることが多いため、

 ”ニセ十字”と呼ばれています。

 

 ちなみに、みなみじゅうじ座は
 1等星が2個、2等星と3等星が1個ずつに対し、

 ニセ十字は4つとも2等星でバランスが良く、
 しかも、南十字星より大きいんです!
 

 クリックで拡大します

 

 

λ星・・・スハイル:2等星

     固有名のスハイルは、アラビア語で
     ”明瞭なもの”を意味する言葉が
     語源となっています。

     地球からの距離は約545光年です。

 

 

κ星・・・マルケブ:2等星

     ほ座の中でδ星と共に、
     ”ニセ十字”を形成する星の一つです。

     固有名のマルケブは、アラビア語で
     ”乗り物”を意味する言葉が
     語源となっています。

     地球からの距離は約570光年です。

 

 

μ星・・・3等星

     μ星Aとμ星Bから成る二重星(連星)です。

     地球からの距離は約120光年です。

 

 

φ星・・・3等星

     地球からの距離は約1600光年です。

 

 

ψ星・・・4等星

     地球からの距離は約1600光年です。

 

 

ほ座にはα星やβ星が無いんですが、
 

これは、アルゴ座に振り分けられていた
バイエル符号(α・βなど)を

星座を3分割した後も、
そのまま引き継いだからなんです。

 

アルゴ座のα星やβ星だった星は、
現在のりゅうこつ座に属するため、

ほ座と、とも座にはα星・β星がありません。

 

 

らしんばん座は、アルゴ座とは別に
設定された星座なので、
α星・β星があります。

 

ちなみに、α星が無い星座は、全天で、

ほ座・とも座・こじし座・じょうぎ座

の、4星座のみです。

 

関連記事

ほ座の見つけ方 位置や方角・高度など、ひと月ごとの動き

とも座とは 主な恒星や星団・星雲など 星座の特徴について

おひつじ座の神話を簡単に解説 黄金の毛皮を持つ牡羊の物語

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

夏の大三角とは 星の名前と星座 方角や見つけ方 動きなど

夏の大三角は星座ではありませんが、 夏の夜空のシンボル的な存在ですね!   3つの星の名前とそれぞれの星座、 どの時期にどのあたりにあるのか、 方角と動き方、見つけ方などを まとめました。 …

アンドロメダ座の見つけ方 方角と位置を月毎、時間帯別に解説

アンドロメダ座とアンドロメダ銀河の 探し方を解説しています。   アンドロメダ座には一等星が無いので、 少し見つけにくいかもしれませんね。   なので、この記事の 時間帯ごとの位置 …

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

ぎょしゃ座って、 あまり聞きなれない星座ですよね?   冬のダイヤモンドを形成する カペラを有する星座で、 おうし座の角の先の恒星と 引っ付いていたり、と、   ちょっとユニークな …

ヒアデス星団食 7月28日に月が掩蔽 位置と方角、時間帯は?

ヒヤデス星団食が 7月28日に起こります。   位置(高度)や方角、 時間帯など、 7月28日(日)の ヒアデス星団食について まとめました。   4月9日(火)のヒヤデス星団食に …

かに星雲とは 名前の由来と年齢や視直径・地球までの距離は?

かに星雲って、 ちょっと可愛らしい ネーミングですよね!   その名前の由来って 何なのでしょうか?   年齢や大きさ(視直径)、 地球までの距離など、 かに星雲についての 色々な …