天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

や座の神話 エロスとプロメテウス、アポロンが由来の物語

投稿日:2019年9月18日 更新日:

や座の神話には
複数の伝承があります。

 

愛の神・エロスが放つ矢
 

プロメテウスの内臓を啄む鷲を
追い払った矢
 

太陽神・アポロンが、
キュクロープスを撃ち殺した矢
 

などがよく語られているものです。

 

これらの物語をできるだけ簡単に
解説していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

や座の神話 エロスとプロメテウス、アポロンが由来の物語


 

や座の由来となった物語の中で、
代表的な3つの物語をご紹介します。

 

まず1つ目は、

 

や座の神話 愛の神・エロスが放つ矢の物語


 

愛の神・エロスは、軍神・アレスと
愛と美の女神・アフロディーテの子です。

 

エロスは2種類の矢を持っていて、
一つは黄金の矢で、もう一つは鉛の矢です。

 

黄金の矢で射られた者には
激しい恋情で心がかき乱され、

鉛の矢で射られた者は恋愛に対し、
嫌悪感を抱くようになると言われています。

 

や座のモデルとなったのは、

魔女メディアがイアソンに出会った時に放たれ、
恋心を抱いた矢である、という説と、
 

大神・ゼウスがガニュメーデスに
夢中になった時の矢である、という、

2つの説があります。

 

メディアとイアソンの物語は、
以下の記事をご参照ください。
   ↓    ↓
コップ座の神話 星座の由来はメディア?ディオニュソス(バッカス)?

 

ゼウスとガニュメーデスの物語は、
以下の記事をご参照ください。
   ↓    ↓
水瓶座の神話 ガニュメデスが美少年すぎたための悲劇!?

 

 

スポンサードリンク


 

 

2つ目の物語は、

 

や座の神話 プロメテウスを助けたヘラクレスの矢


 

プロメテウスは火を人類に与えた神
として知られています。

 

人類に火が渡ると争いの元になると、
反対していた大神・ゼウスの逆鱗に触れ、

プロメテウスは3万年にも及ぶ
拷問を受けることとなりました。

 

この物語については、
以下の記事で解説してますので、
よろしければご覧ください。
   ↓    ↓
わし座とアルタイルの神話 プロメテウスの内臓を啄む鷲

 

 

この時、プロメテウスの
内臓を啄む鷲を追い払うために

ヘラクレスが放った矢が
”や座”になった、といわれています。

 

 

不死の力を持つものが、
プロメテウスのためにそれを放棄する、

と言わない限り、プロメテウスは
拷問から解放されない運命でしたが、

 

ケンタウロス族のケイロンが、

毒矢の苦しみから逃れるために
不死の放棄を申し出たことにより、
 

プロメテウスはヘラクレスによって
3万年の拷問から解放されたのでした。

 

ケイロンの物語については
以下の記事をご参照ください。
   ↓    ↓
いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

 

 

さて、最後にご紹介するのは、

 

や座の神話 アポロンがキュクロープスを撃ち殺した矢


 

太陽神・アポロンには、

コロニスとの間にできた
アスクレピオスという息子がいました。

 

アスクレピオスは特に
医学方面の才能を発揮し、

後に、死者を蘇らせることが
出来るまでになり、
 

このことが原因で、大神・ゼウスに
雷霆で撃ち殺されてしまいます。

 

このあたりの物語については
以下の記事をご参照ください。
   ↓    ↓
へびつかい座の神話 ギリシャの医神・アスクレピオスの物語

 

 

息子を殺され、
アポロンは怒りが収まりませんでしたが、

その矛先をゼウスに向けるわけにはいかず、
 

ゼウスの雷霆を作っていた
キュクロープスを撃ち殺してしまいました。

 

その時に放った矢が
や座になった、といわれています。

 

 

キュクロープスにとっては
とんだとばっちりでしたが、

アポロンは、ちゃんと
ゼウスに罰せられています。

 

ゼウスは、はじめはアポロンを
タルタロス(奈落)に落そうとしていましたが、
 

アポロンの母であるレトの計らいによって
罪が減ぜられ、

人間であるペライ王・アドメトスに
1年間仕えることとなりました。

 

そして、羊飼い(牛飼いともいわれています)
となって、家畜の世話をさせられた、
ということです。

 

関連記事

や座の見つけ方と観測しやすい季節は?ひと月ごとの動きのまとめ

や座とは 主な恒星や星団・星雲と、星座の特徴について

わし座アルタイルの意味と由来 色と大きさはどのくらい?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

うみへび座の恒星や星雲・星団、銀河団など星座(天体)の特徴

うみへび座は、 トレミーの48星座の1つで、 全天88ある星座の中で、 最も大きな星座です。   うみへび座にはどんな恒星があるのか 星雲や星団は? うみへび座銀河団について   …

おうし座の神話を簡単に説明します。エウロペとイオの2つの物語

ギリシャ神話などで、 複数の伝承があるのは よくあることなんですが、   おうし座の神話にも 2つの物語が語り継がれています。   エウロペとイオという 2人の女性に因んだ神話なん …

ちょうこくしつ座の銀河や星団 主な恒星など星座の特徴について

ちょうこくしつ座って、 あまり耳慣れない星座ですよね?   南方の星座で、 日本ではあまり高く昇らず、 ちょっと観測しにくい からかもしれません。   でも、魅力的な銀河などがあり …

ほ座の見つけ方 位置や方角・高度など、ひと月ごとの動き

ほ座は南天の星座なので、 南の方へ行くほうが 観測しやすいです。   あまり高くまで上がらないですが、 近くにりゅうこつ座のカノープス (全天で2番目に明るい1等星) もありますので、 &n …

とも座の見つけ方 ゼータ星の位置や高度などひと月ごとの動きのまとめ

とも座は、アルゴ座から 分割された星座の一つで、   日本では、あまり高くまで 昇らないので、 少し観測しづらい星座です。   シリウス(おおいぬ座:一等星)や カノープス(りゅう …