天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

へびつかい座とは 恒星や星雲・星団・銀河など、星座の特徴について

投稿日:2019年7月23日 更新日:

へびつかい座って、
どんな星座かご存知ですか?
 

一時期、西洋占星術で、

黄道十二星座に星座を一つ加えて
十三星座にするとか何とかで、

世間を賑わせたことがありましたよね!
 

あの星座がへびつかい座です。
 

へびつかい座には
どんな恒星があるのか

へびつかい座に属する
星雲や星団・銀河
 

など、へびつかい座の
星座の特徴についてまとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

へびつかい座とは 恒星や星雲・星団・銀河など、星座の特徴について


 

へびつかい座は、さそり座のすぐ近くにある、
大きな五角形のような形をした星座です。

 

十二星座占いか、十三星座占いかで、
一時期、議論されたことがありましたが、
 

黄道十二星座の黄道というのは、
太陽の通り道のことで、

へびつかい座は、ちょっとだけ、
黄道に掛かっているんです。

 

なので、天文学においては
黄道には13星座ある、
というのが正しいです。

 

 

占星術については、詳細は
差し控えさせていただきますが、

現在、十二星座占いと十三星座占いの
両方が提唱されているようですね!

 

 

では、へびつかい座の主な恒星を
明るい順(見かけの等級)に見ていきましょう!

 

 

へびつかい座の主な恒星

 クリックで拡大します

 

α星・・・ラスアルハゲ:2等星

     へびつかい座の中で、最も明るい恒星。
 

     アラビア語で”蛇を持つ者の頭”
     という意味を持ちます。
 

     その名の通り、蛇使いの頭の部分、
     五角形の頂点に位置しています。
 

     地球からの距離は約50光年です。

 

 

η星・・・サビク:2等星

     へびつかい座の中で、2番目に明るい恒星。
 

     アラビア語で”勝利者・制圧者”
     という意味を持ちます。
 

     これは、へびつかい座が、
     さそり座のすぐ上にあることから、

     サソリを踏みつけているような姿から
     命名された、という説があります。
 

     地球からの距離は約90光年です。

 

 

ζ星・・・固有名なし:3等星

     地球からの距離は約370光年です。

 

 

δ星・・・イェド・プリオル:3等星

     固有名のイェドは、アラビア語で”手”
     プリオルはラテン語で”前”という
     意味を持ちます。
 

     地球からの距離は約170光年です。
 

     ε星とは見かけの二重星。

 

 

β星・・・ケバルライ:3等星

     アラビア語で”羊飼いの犬”
     という意味を持ちます。
 

     地球からの距離は約80光年です。

 

 

κ星・・・固有名なし:3等星

     地球からの距離は約90光年です。

 

 

ε星・・・イェド・ポステリオル:3等星

     固有名のイェドは、アラビア語で”手”
     ポステリオルはラテン語で”後”という
     意味を持ちます。
 

     δ星とは見かけの二重星。
 

     地球からの距離は約110光年です。

 

 

θ星・・・固有名なし:3等星

     地球からの距離は約440光年です。

 

 

ν星・・・シンストラ:3等星

     伴星:ν星b・ν星cを持つ三重連星。
 

     地球からの距離は約150光年です。

 

 

γ星・・・固有名なし:4等星

     地球からの距離は約95光年です。

 

 

λ星・・・マルフィク:4等星

     二重星(連星)
 

     固有名のマルフィクは、アラビア語で”肘”
     という意味を持ちます。
 

     地球からの距離は約170光年です。

 

 

バーナード星・・・

     太陽系からの距離は約6光年で、

     ケンタウルス座・α星(約4.3光年)
     に次いで、2番目に近い恒星です。
 

     全天で最も大きな固有運動を持つ天体で、

     約1万年後には、太陽系に4光年以内にまで
     接近すると予想されています。
 

     バーナード星には惑星も存在しますが、
     生命が存在する可能性は低いそうです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

へびつかい座の星雲・星団・銀河

 クリックで拡大します

 

M9・・・NGC6333:球状星団

     地球からの距離は約2万6千光年です。

 

 

M10・・・NGC6254:球状星団

     地球からの距離は約1万4千300光年です。

 

 

M12・・・NGC6218:球状星団

     地球からの距離は約1万6千光年です。

 

 

M14・・・NGC6402:球状星団

     地球からの距離は約3万300光年です。

 

 

M107・・・NGC6171:球状星団

     地球からの距離は約2万光年です。

 

 

IC4603・IC4604・・・散光星雲

 

 

NGC6240・・・衝突銀河

     2つの銀河が衝突・融合してできた銀河です。
 

     2つの銀河の中心核
    (超大質量ブラックホール)が

     合体寸前にまで近づいていて、
     注目されています。

 

 

へびつかい座の見つけ方ですが、
さそり座のすぐ近くにあるので、

比較的分かりやすいかと思います。

 

 

大体、上の図のような位置関係です。

 

実際の夜空では

こんな感じです。

 

周りに有名な天体がいくつもありますので、
それらを目印に、ぜひ、探してみてくださいね!

 

関連記事

へびつかい座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

へびつかい座の神話 ギリシャの医神・アスクレピオスの物語

夏の大三角とは 星の名前と星座 方角や見つけ方 動きなど

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

てんびん座が見える時期 見つけ方と方角・位置 ひと月ごとのまとめ

てんびん座は黄道十二星座の一つで、 とても有名な星座ですね!   でも、てんびん座には 明るい星が無く、 とても大人しい星座なので、 夜空ではちょっと見つけにくいです。   この記 …

うさぎ座の神話 オリオンの獲物or追い払われた兎!? 悲劇の物語とは?

うさぎ座に関するギリシャ神話 というのは、 残念ながら 伝えられてはいません。   しかし、うさぎ座の 由来となった話は いくつか伝承されています。   その代表的な物語について、 …

うお座の神話 星座の由来となったアフロディーテとエロスの物語

うお座は黄道十二星座の一つで、 トレミーの48星座の一つでもあります。   明るい恒星が無く、夜空では あまり目立たない うお座ですが、   その由来となったギリシャ神話と、 うお …

冬の大三角の神話 オリオン座・おおいぬ座・こいぬ座の物語

冬の夜空に輝く 冬の大三角の神話をご紹介します。   オリオン座・おおいぬ座・ こいぬ座にまつわるエピソードと、 それぞれの星座の神話についても 解説しています。   冬の大三角に …

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

ぎょしゃ座って、 あまり聞きなれない星座ですよね?   冬のダイヤモンドを形成する カペラを有する星座で、 おうし座の角の先の恒星と 引っ付いていたり、と、   ちょっとユニークな …