天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

きりん座とは 星座の特徴と主な恒星・銀河・星雲・星団など

投稿日:2019年7月7日 更新日:

きりん座は、
北極星の近くにある
大きな星座です。
 

周極星なので、日本では一年中、
北天で観測することができます。

 

あまり明るい星が無く、
目立たない星座ですが、
 

どんな恒星があるのか

属する銀河や星雲は?
 

など、きりん座の
星座の特徴を
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

きりん座とは 星座の特徴と主な恒星・銀河・星雲・星団など


 

きりん座は、今現在見られる、
あの首の長いキリンそのままの形をした
大きな星座です。

 

頭の部分は北極星と
北斗七星の間辺りにあり、

体の部分はおおぐま座と
ペルセウス座の間辺りにあります。
 

 クリックで拡大します

 

ちょっと歪な図ですが、
大体、上の図のような位置関係です。

 

 

1612年に、オランダの天文学者、
ペトルス・プランシウスが制定した
新しい星座なので、

ギリシャ神話などはありません。

 

また、冬の大三角のど真ん中を陣取る
いっかくじゅう座も、

プランシウスが
一緒に制定した星座の一つです。

 

ちなみに、プランシウスは、
 

子蟹座・はち座・チグリス座

ヨルダン座・おんどり座・南の矢座
 

の6つも一緒に制定しましたが、
現在は使われていません。

 

 

では、きりん座の主な恒星から
解説していきたいと思います。

 

 

きりん座の主な恒星

 クリックで拡大します

 

きりん座の恒星を明るい順に
ご紹介します。

 

β星・・・固有名なし:4等星

     きりん座の中で最も明るい恒星で、
     7.4等の伴星を持つ二重星(連星)です。

     地球からの距離は約870光年です。

 

 

α星・・・固有名なし:4等星

     きりん座の中で3番目に明るい恒星です。

     NGC1502(散開星団)から飛び出してきた
     逃亡星の可能性があるとのことです。
 

逃亡星とは、星団から飛び出してきて、
 宇宙空間を高速移動する天体のことです。
 

     地球からの距離は約7000光年です。

 

 

HD 104985

     固有名・トナティウ :6等星

     太陽系外惑星 HD 104985 b を持ち、

     これは、日本の観測チームが発見した
     初の太陽系外惑星です。

     固有名は、アステカ神話の太陽神・
     トナティウが由来です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

きりん座の主な銀河・星雲・星団など

では次に、きりん座に属する
主な銀河・星雲・星団などを
解説していきます。
 

 クリックで拡大します

 

IC342・・・渦巻銀河

        フェイスオン銀河(真上から見える銀河)

        地球からの距離は約1000万光年。

 

 

IC356・・・渦巻銀河

        地球からの距離は約4600万光年。

 

 

IC2184・・・渦巻銀河

         2つの銀河が衝突している
         相互作用銀河。

         地球からの距離は約1億6600万光年。

 

 

IC3568・・・惑星状星雲

         その見た目から、別名・レモンスライス星雲
         とも呼ばれています。

         地球からの距離は約4500光年。

 

 

NGC1501・・・惑星状星雲

          別名・オイスター星雲とも
          呼ばれています。

          地球からの距離は約5000光年。

 

 

NGC1502・・・散開星団

 

 

NGC2403・・・渦巻銀河

          地球からの距離は約800万光年。

          超新星が2つ見つかっています。

 

 

MACS0647-JD

          地球からの距離が最も遠い
          と言われている天体で、

          その距離は約319憶光年
          いわれています。
 

          また、原始銀河であると考えられていて、

          134億年前(ビッグバンから約4億年後)
          の宇宙にすでに存在していたと見られています。

 

関連記事

きりん座の見つけ方 位置(方角・高度)など ひと月ごとの動き

ペルセウス座流星群とは 特徴と仕組み 放射点の方角と探し方

北斗七星とおおぐま座の違いって?2つの特徴と北極星の見つけ方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ペルセウス座の神話 アンドロメダとの結婚 その後の物語【後編】

ペルセウス座の神話、後編です。   アンドロメダを救出し、 妻として共にセリポス島へ 帰ってきたところからの話です。   ペルセウスの誕生とメデューサの討伐、 アンドロメダとの結婚 …

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …

ケンタウルス座の神話 ヘラクレスとの因縁と一族誕生の物語

ケンタウルス座の由来となった ギリシャ神話をご紹介しています。   因縁浅からぬ、 勇者・ヘラクレスとの物語や、   半人半馬のケンタウロス族は どうして誕生したのか、 &nbsp …

ペガスス座の神話 ペルセウスと共にアンドロメダを助け出す!?

ペガスス座のギリシャ神話を ご紹介しています。   怪物メデューサより生まれ、 英雄・ペルセウスと共に 大冒険をした天馬・ペガサス。   誕生からその後の物語を まとめました。 & …

おうし座とは 恒星や星雲・星団などの特徴と探し方

おうし座は黄道十二星座の一つで、 占星術などでも有名な星座ですね!   この記事では、   おうし座にはどんな恒星があるのか、 有名な星雲や星団 夜空での探し方は?   …