天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

きりん座とは 星座の特徴と主な恒星・銀河・星雲・星団など

投稿日:2019年7月7日 更新日:

きりん座は、
北極星の近くにある
大きな星座です。
 

周極星なので、日本では一年中、
北天で観測することができます。

 

あまり明るい星が無く、
目立たない星座ですが、
 

どんな恒星があるのか

属する銀河や星雲は?
 

など、きりん座の
星座の特徴を
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

きりん座とは 星座の特徴と主な恒星・銀河・星雲・星団など


 

きりん座は、今現在見られる、
あの首の長いキリンそのままの形をした
大きな星座です。

 

頭の部分は北極星と
北斗七星の間辺りにあり、

体の部分はおおぐま座と
ペルセウス座の間辺りにあります。
 

 クリックで拡大します

 

ちょっと歪な図ですが、
大体、上の図のような位置関係です。

 

 

1612年に、オランダの天文学者、
ペトルス・プランシウスが制定した
新しい星座なので、

ギリシャ神話などはありません。

 

また、冬の大三角のど真ん中を陣取る
いっかくじゅう座も、

プランシウスが
一緒に制定した星座の一つです。

 

ちなみに、プランシウスは、
 

子蟹座・はち座・チグリス座

ヨルダン座・おんどり座・南の矢座
 

の6つも一緒に制定しましたが、
現在は使われていません。

 

 

では、きりん座の主な恒星から
解説していきたいと思います。

 

 

きりん座の主な恒星

 クリックで拡大します

 

きりん座の恒星を明るい順に
ご紹介します。

 

β星・・・固有名なし:4等星

     きりん座の中で最も明るい恒星で、
     7.4等の伴星を持つ二重星(連星)です。

     地球からの距離は約870光年です。

 

 

α星・・・固有名なし:4等星

     きりん座の中で3番目に明るい恒星です。

     NGC1502(散開星団)から飛び出してきた
     逃亡星の可能性があるとのことです。
 

逃亡星とは、星団から飛び出してきて、
 宇宙空間を高速移動する天体のことです。
 

     地球からの距離は約7000光年です。

 

 

HD 104985

     固有名・トナティウ :6等星

     太陽系外惑星 HD 104985 b を持ち、

     これは、日本の観測チームが発見した
     初の太陽系外惑星です。

     固有名は、アステカ神話の太陽神・
     トナティウが由来です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

きりん座の主な銀河・星雲・星団など

では次に、きりん座に属する
主な銀河・星雲・星団などを
解説していきます。
 

 クリックで拡大します

 

IC342・・・渦巻銀河

        フェイスオン銀河(真上から見える銀河)

        地球からの距離は約1000万光年。

 

 

IC356・・・渦巻銀河

        地球からの距離は約4600万光年。

 

 

IC2184・・・渦巻銀河

         2つの銀河が衝突している
         相互作用銀河。

         地球からの距離は約1億6600万光年。

 

 

IC3568・・・惑星状星雲

         その見た目から、別名・レモンスライス星雲
         とも呼ばれています。

         地球からの距離は約4500光年。

 

 

NGC1501・・・惑星状星雲

          別名・オイスター星雲とも
          呼ばれています。

          地球からの距離は約5000光年。

 

 

NGC1502・・・散開星団

 

 

NGC2403・・・渦巻銀河

          地球からの距離は約800万光年。

          超新星が2つ見つかっています。

 

 

MACS0647-JD

          地球からの距離が最も遠い
          と言われている天体で、

          その距離は約319憶光年
          いわれています。
 

          また、原始銀河であると考えられていて、

          134億年前(ビッグバンから約4億年後)
          の宇宙にすでに存在していたと見られています。

 

関連記事

きりん座の見つけ方 位置(方角・高度)など ひと月ごとの動き

ペルセウス座流星群とは 特徴と仕組み 放射点の方角と探し方

北斗七星とおおぐま座の違いって?2つの特徴と北極星の見つけ方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

はくちょう座の神話を簡単に説明します 由来は複数ありますが・・・

はくちょう座は 夏の代表格ともいえる星座です。   今回は、その、 はくちょう座の神話について、 解説してみたいと思います。   複数の伝承がありますので、 その主なものについて、 …

秋の四辺形の見つけ方 星座と星の名前 北極星を探す目印にも

秋の四辺形(秋の大四辺形)って、 ご存知でしょうか?   春・夏・冬の大三角などと比べると あまり耳慣れないかもしれませんね・・・   秋の四辺形を構成する星座や星の名前、 北極星 …

ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

ギリシャ神話一の英雄と 言われている、ヘラクレス。   実写映画やアニメなどでも 多く取り上げられていて、 人気がありますよね!   ヘラクレスはその生涯で、 様々な冒険をするんで …

こぐま座とは 主な恒星の名前と星座の特徴を説明します

こぐま座は、北極星(ポラリス)を 含む星座として有名ですね!   でも、あまり明るい星が無いためか、 星座自体はちょっと地味な 存在ですよね。   こぐま座には、北極星(ポラリス) …

ペガスス座とペガサス座の違い どっちが正しい?

ギリシャ神話に出てくる 翼の生えた天駆ける馬、 といえばペガサスですよね!   このペガサスが天に上げられて ”ペガスス座”になった、 といわれていて、   星座になったらなぜ ペ …