天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ちょうこくぐ座α星の見つけ方 位置(高度や方角)などひと月ごとの動き

投稿日:2019年7月6日 更新日:

ちょうこくぐ座は、18世紀に、
ラカイユによって設定された
とても新しい星座です。
 

南天の星座で、
明るい恒星が無いので、
夜空ではあまり目立ちません。
 

そこで、ちょうこくぐ座の
ひと月ごとの動きを
まとめました。
 

いつ頃、どのあたりにあるのかが
あらかじめ分かっていれば
見つけやすいと思いますので、
 

ちょうこくぐ座観測の際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ちょうこくぐ座α星の見つけ方


 

ちょうこくぐ座の”ちょうこくぐ”
漢字では”彫刻具”と書き、

美術品の彫刻を作る道具のことです。

 

ちょうこくぐ座の見つけ方は、
オリオン座をまず探してください。

 

オリオン座のリゲル(一等星)の南に
うさぎ座があり、

そのさらに南に はと座があり、
 

はと座のすぐ西隣に
ちょうこくぐ座があります。

 

 クリックで拡大します

 

ちょっと歪な図ですが、
大体上の図のような位置にあります。

 

あまり高い位置まで昇らないので
(日本で観測する場合)

南側の開けた場所でないと
観測は難しいと思います。

 

 

では、ちょうこくぐ座の、

ひと月ごとの動きを
解説していきたいと思います。

 

当記事では、ちょうこくぐ座で最も明るい
α星の動きを追っていきたいと思います。

 

 

ちょうこくぐ座α星の位置(高度や方角)などひと月ごとの動き

 

 

1月上旬
 

午後6時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後9時半ごろ。
南中高度は約13°です。
 

午前1時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
南南東の空、
高度約5°の位置にあります。
 

南中は午後7時半ごろ。
南中高度は約13°です。
 

午後11時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
南中します。

南中高度は約13°です。
 

午後9時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南南西の空、
高度約5°の位置にあります。
 

午後7時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

出入は日中のため、
観測できません。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

出入は日中のため、
観測できません。

 

 

7月上旬
 

出入は日中のため、
観測できません。

 

 

8月上旬
 

午前4時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
南南東の空、
高度約5°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午前2時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時すぎごろ)
南の空、高度約12°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午前0時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前3時半ごろ。
南中高度は約13°です。

 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
南南西の空、高度約8°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午後10時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前1時半ごろ。
南中高度は約13°です。

 

午前5時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

午後8時ごろ、
南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後11時半ごろ。
南中高度は約13°です。

 

午前3時ごろ、
南西の地平に沈みます。

 

関連記事

ちょうこくぐ座とは 意味や星座の特徴 主な恒星や銀河について

ちょうこくしつ座の銀河や星団 主な恒星など星座の特徴について

ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

しし座の方角と位置(高度)ひと月ごとの動きと見つけ方

しし座は、春を代表する 星座の一つです。   夜空でしし座(星座・天体)が どのような動きを見せるのか、 しし座の方角と位置(高度)を ひと月ごとにまとめました。   しし座観測の …

ふたご座の位置 見える時期と探し方 ひと月毎の動きのまとめ

ふたご座(天体)の夜空での位置、 ひと月ごとの動きをまとめました。   ふたご座が見える時期はいつごろか?   何時頃、どのあたり(方角や高度)にあるか、 あらかじめ判っていれば、 …

エリダヌス座の見つけ方 位置(方角や高度)などひと月ごとの動きについて

エリダヌス座は、 川がモデルとなった 珍しい星座です。   大きくうねりながら 天に横たわる姿は、 残念ながら、日本では、 南のほうへ行かないと 全てを見ることはできません。   …

うみへび座の神話 ヒュドラとヘラクレス、蟹座の物語

うみへび座のモデルとなったのは、 ギリシャ神話の英雄・ ヘラクレスに退治された ヒュドラだといわれています。   ヘラクレスの12の試練のうちの 第2番目の物語で、 無効にされた 2つの功績 …

てんびん座が見える時期 見つけ方と方角・位置 ひと月ごとのまとめ

てんびん座は黄道十二星座の一つで、 とても有名な星座ですね!   でも、てんびん座には 明るい星が無く、 とても大人しい星座なので、 夜空ではちょっと見つけにくいです。   この記 …