天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

みなみのうお座とうお座の違い それぞれの星座の特徴

投稿日:2019年6月20日 更新日:

みなみのうお座とうお座って、

2つとも”うお”の名が
付いていますが、
 

この2つの星座には

何か共通するものが
あるんでしょうか?
 

みなみのうお座とうお座の

それぞれの特徴についても
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

みなみのうお座とうお座の違い それぞれの星座の特徴


 

みなみのうお座とうお座って、
両方”うお座”と名前が付いていますが、

2つは全く別々の星座です。

 

みなみのうお座は、
みずがめ座とやぎ座の近くにあり、
 

うお座は”秋の四辺形(ペガスス座)”
のすぐ近くにあります。
 

 クリックで拡大します

 

ちょっと歪ですが、大体、
上の図のような位置関係にあります。

 

2つを比べてみると、
うお座のほうが大分大きいですが、

うお座には4等星以下の恒星しかなく、
夜空ではあまり目立たない星座です。

 

対して、みなみのうお座は、
フォーマルハウトという一等星があり、

この星は”秋の一つ星” ”南の一つ星”
とも呼ばれ、

夜空で大変目立つ存在です。

 

でも、みなみのうお座も、

フォーマルハウトが
ただ一つ目立っているだけで、

後は4等星以下の恒星しかないので
星座自体はかなり大人しいです。

 

では、みなみのうお座とうお座には
何か共通点があるんでしょうか?

 

 

スポンサードリンク


 

 

ギリシャ神話で、うお座は、

美の女神・アフロディーテが
変身した姿だと言われていて、
 

みなみのうお座の神話でも
同じ話が伝えられています。

 

これが、共通点と
言えなくもないんですが、
 

ギリシャ神話って、いくつもの
他説が伝えられているのが普通で、

うお座とみなみのうお座も
例外ではありません。

 

 

みなみのうお座は、うお座
(2匹の魚)の親魚だという説や、
 

太陽神・アポロンが
変身した姿だという説、
 

そして、全く別の女神・デルセトが
モデルだ、という説など・・・

 

2つの星座の神話については
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
うお座の神話 星座の由来となったアフロディーテとエロスの物語

みなみのうお座の神話 デルセトとアフロディーテ、アポロンの由来説

 

 

ギリシャ神話全体に言えることですが、
様々な伝承があるので、

どれが正解か、というのは、
誰にもわかりません。

 

よって、結論としては、
 

星座は全く別物ですが、
神話(一部の伝承)に共通する部分がある
 

ということで・・・

 

ちょっと歯切れが悪いですが、
このようなところかな?と思います。

 

関連記事

みなみのうお座が観測しやすい季節は?ひと月ごとの動きのまとめ

うお座の見つけ方 見やすい時期はいつ頃?ひと月ごとの動きのまとめ

水瓶座について 恒星の名前や特徴 星雲・星団

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ケンタウルス座の神話 ヘラクレスとの因縁と一族誕生の物語

ケンタウルス座の由来となった ギリシャ神話をご紹介しています。   因縁浅からぬ、 勇者・ヘラクレスとの物語や、   半人半馬のケンタウロス族は どうして誕生したのか、 &nbsp …

おとめ座の見つけ方 方角や位置・南中高度など、ひと月毎の動き

おとめ座は、黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でもおなじみの星座ですね!   この記事では、夜空の星座・ おとめ座の見つけ方を解説しています。   どの時間帯に、どの方角や 位置に …

オリオン座ベテルギウス

ベテルギウスの爆発でガンマ線バーストが直撃したら!?

恒星が超新星爆発を起こすと ガンマ線が放出され、 それが直撃すると 地球上の生命は絶滅する、 といわれています。   その超新星爆発を、 近々起こすかもしれない、 といわれているのが オリオ …

コップ座の神話 星座の由来はメディア?ディオニュソス(バッカス)?

コップ座は、現在の マグカップやグラスのような 形ではなく、 古代の盃、今でいうと 優勝カップのような形の星座です。   そのモデルとなった神話は いくつか伝えられていますが、 今回は、その …

さそり座のギリシャ神話 星座の由来となった物語

さそり座は、 一等星のアンタレスをはじめ、 明るい恒星が多く、 その独特のS字形態から、 夜空でとてもよく目立つ星座です。   そんな、さそり座の由来となった、 ギリシャ神話をご紹介していま …