天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ

投稿日:2019年6月13日 更新日:

とかげ座は、ジグザグで
ユニークな形をした星座で、
 

17世紀に、ポーランドの天文学者・
へべリウスによって設定された、

10の星座のうちの一つです。

 

小さくて、明るい星が無いので、

夜空でとかげ座を探すのは
ちょっと難しいと思います。

 

そこで、とかげ座の大体の動きを
ひと月ごとにまとめました。

 

どの時間帯にどの位置(方角や高度)
にあるのかが分かっていれば

見つけやすいと思いますので、
 

とかげ座観測の際に、
ぜひ、お役立てください!

 

 

スポンサードリンク


 

 

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ


 

とかげ座の位置は、

ケフェウス座・カシオペヤ座・
アンドロメダ座・ペガスス座・
はくちょう座に囲まれた真ん中あたりです。

 クリックで拡大します
 

大体、上図のような位置関係です。

 

とかげ座自体を見つけるのは
ちょっと難しいかもしれませんが、

目立つ星座に囲まれているので、
大体の位置は掴みやすいと思います。

 

 

では、とかげ座の
ひと月ごとの動きを見ていきましょう!

 

この記事では、とかげ座・α星の
動きを追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北西の空、高度約70°の位置にあります。
 

午前1時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午前5時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)
北東の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
北西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後11時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午前3時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
北東の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北西の空、高度約25°の位置にあります。
 

午後9時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午前1時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北東の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北西の空、高度約5°の位置にあります。
 

午後7時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午後11時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
北東の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

午後9時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時前ごろ)
北東の空、高度約60°の位置にあります。

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

午後7時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北東の空、高度約70°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
北東の空、高度約10°の位置にあります。
 

南中は午前3時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北西の空、高度約70°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
北東の空、高度約20°の位置にあります。
 

南中は午前1時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
北西の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北東の空、高度約50°の位置にあります。
 

南中は午後11時過ぎごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
北西の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北東の空、高度約50°の位置にあります。
 

南中は午後9時過ぎごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
北西の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時前ごろ)
北東の空、高度約60°の位置にあります。
 

南中は午後7時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

午前5時半ごろ
北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北東の空、高度約70°の位置にあります。
 

南中は午後5時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

午前3時半ごろ
北西の地平に沈みます。

 

関連記事

とかげ座とは 形や位置・主な恒星など星座の特徴について

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き

りょうけん座α星コルカロリ他 主な恒星や銀河など星座の特徴

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

うみへび座の神話 ヒュドラとヘラクレス、蟹座の物語

うみへび座のモデルとなったのは、 ギリシャ神話の英雄・ ヘラクレスに退治された ヒュドラだといわれています。   ヘラクレスの12の試練のうちの 第2番目の物語で、 無効にされた 2つの功績 …

こぐま座とは 主な恒星の名前と星座の特徴を説明します

こぐま座は、北極星(ポラリス)を 含む星座として有名ですね!   でも、あまり明るい星が無いためか、 星座自体はちょっと地味な 存在ですよね。   こぐま座には、北極星(ポラリス) …

かんむり座アルファ星と主な恒星 見つけ方と星座の特徴

かんむり座は、特徴的な半円形の 星の並びが可愛らしい星座です。   小さな星座で、夜空では あまり目立たない存在ですが、 トレミーの48星座の一つです。   どんな恒星があるのか …

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …

水瓶座について 恒星の名前や特徴 星雲・星団

水瓶座は黄道十二星座の一つとして 有名な星座ですね!   夜空に輝く水瓶座の特徴 主な恒星の名前 どんな星雲や星団があるのか   など、水瓶座(天体)について まとめました。 &n …