天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ

投稿日:2019年6月13日 更新日:

とかげ座は、ジグザグで
ユニークな形をした星座で、
 

17世紀に、ポーランドの天文学者・
へべリウスによって設定された、

10の星座のうちの一つです。

 

小さくて、明るい星が無いので、

夜空でとかげ座を探すのは
ちょっと難しいと思います。

 

そこで、とかげ座の大体の動きを
ひと月ごとにまとめました。

 

どの時間帯にどの位置(方角や高度)
にあるのかが分かっていれば

見つけやすいと思いますので、
 

とかげ座観測の際に、
ぜひ、お役立てください!

 

 

スポンサードリンク


 

 

とかげ座の位置はどこ?ひと月ごとの動きのまとめ


 

とかげ座の位置は、

ケフェウス座・カシオペヤ座・
アンドロメダ座・ペガスス座・
はくちょう座に囲まれた真ん中あたりです。

 クリックで拡大します
 

大体、上図のような位置関係です。

 

とかげ座自体を見つけるのは
ちょっと難しいかもしれませんが、

目立つ星座に囲まれているので、
大体の位置は掴みやすいと思います。

 

 

では、とかげ座の
ひと月ごとの動きを見ていきましょう!

 

この記事では、とかげ座・α星の
動きを追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北西の空、高度約70°の位置にあります。
 

午前1時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午前5時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)
北東の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
北西の空、高度約50°の位置にあります。
 

午後11時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午前3時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
北東の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北西の空、高度約25°の位置にあります。
 

午後9時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午前1時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北東の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北西の空、高度約5°の位置にあります。
 

午後7時半ごろ
北西の地平に沈みます。
 

午後11時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
北東の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

5月上旬
 

午後9時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時前ごろ)
北東の空、高度約60°の位置にあります。

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

午後7時ごろ
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北東の空、高度約70°の位置にあります。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
北東の空、高度約10°の位置にあります。
 

南中は午前3時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北西の空、高度約70°の位置にあります。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
北東の空、高度約20°の位置にあります。
 

南中は午前1時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前5時ごろ)
北西の空、高度約50°の位置にあります。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北東の空、高度約50°の位置にあります。
 

南中は午後11時過ぎごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
北西の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
北東の空、高度約50°の位置にあります。
 

南中は午後9時過ぎごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
北西の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時前ごろ)
北東の空、高度約60°の位置にあります。
 

南中は午後7時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

午前5時半ごろ
北西の地平に沈みます。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北東の空、高度約70°の位置にあります。
 

南中は午後5時半ごろ。
南中高度は約75°天頂よりやや北です。
 

午前3時半ごろ
北西の地平に沈みます。

 

関連記事

とかげ座とは 形や位置・主な恒星など星座の特徴について

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き

りょうけん座α星コルカロリ他 主な恒星や銀河など星座の特徴

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ケンタウルス座アルファ星ほか主な恒星と球状星団・星雲・銀河など天体の特徴

ケンタウルス座は、 南半球を代表する星座で、 2つの一等星と、 4つの二等星を持つ、 大きく堂々とした星座です。   そして、 ケンタウルス座のアルファ星は、 太陽系から最も近い恒星 として …

おとめ座とは 恒星や銀河団など、天体の特徴と見つけ方

おとめ座は 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも 有名な星座ですよね!   この記事では、 夜空での、天体としての おとめ座の特徴をまとめています。   おとめ座を構成する主な恒 …

おうし座かに星雲の位置は?見つけ方とひと月ごとのおうし座の動き

おうし座にある かに星雲の位置と、 ひと月ごとの動きを まとめています。   かに星雲は8.4等級なので、 肉眼では見えず、 ちょっと探しにくいかも しれません。   なので、どの …

へびつかい座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

へびつかい座は、 さそり座のすぐ近くにある、 五角形のような形をした、 大きな星座です。   両手に大蛇(へび座)を持ち、 へび座を2つに分断する形で 天に横たわっています。   …

ブラックホールとは その正体と仕組み・成り立ちについて

ブラックホールというと、   近付くもの全てを吸い込んでしまう存在 光速でも脱出不可能 捕まってしまえば、 何物も逃れることはできない・・・   などという、 恐ろしいイメージがあ …