天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

からす座の見つけ方とひと月ごとの動き まとめ

投稿日:2019年5月31日 更新日:

からす座は、春の大曲線の
終点の星座です。
 

小さな星座ですが、

3等星が4つ、
台形に並んでいる形は、
 

地味ながらちょっと気になる、
というような存在です。

 

からす座がいつ頃、どの位置
(方角や高度)にあるのかが、

あらかじめ分かっていれば、
夜空で探しやすいと思いますので、
 

当記事のデータを参考に、
ぜひ、観測してみてください。

 

 

スポンサードリンク


 

 

からす座の見つけ方とひと月ごとの動き まとめ


 

からす座は、β星・ε星・γ星・δ星の、
4つの3等星が台形型に並んでいて、
 

地味なんですが、
不思議と目に付く、

存在感があるのかないのか、
微妙な感じの星座です。

 

 

春の大曲線の終点にもなっているので
比較的見つけやすいですよ!

 

春の大曲線については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

 

 

では、からす座のひと月ごとの動きを
見ていきましょう!

 

この記事では、からす座の中で一番明るい
γ星の動きを追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

午後11時半過ぎごろ、
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前5時ごろ。
高度は約35°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前7時頃)
南南西の空高度約30°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

午後9時半過ぎごろ、
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前3時ごろ。
高度は約35°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)
南西の空高度約15°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午後7時ごろ、
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午前1時ごろ。
高度は約35°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時頃)
西南西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
東南東の地平より顔を出します。
 

南中は午後11時ごろ。
高度は約35°の位置にあります。
 

午前4時半前ごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南東の空、高度約25°の位置にあります。
 

南中は午後9時ごろ。
高度は約35°の位置にあります。
 

午前2時半前ごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)に
ちょうど南中します。

高度は約35°の位置にあります。
 

午前0時半前ごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南南西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午後10時過ぎごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半過ぎごろ)
南西の空、高度約15°の位置にあります。
 

午後8時過ぎごろ、
西南西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
西南西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日中に出現するため、
観測できません。

 

 

11月上旬
 

午前4時前頃、
東南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
南東の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午前2時頃、
東南東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南の空、高度約35°の位置にあります。

 

関連記事

からす座の恒星と銀河など 星座の特徴について

からす座の神話 アポロンの使い鳥への罰か贖罪か!?

うみへび座の恒星や星雲・星団、銀河団など星座(天体)の特徴

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ふたご座の位置 見える時期と探し方 ひと月毎の動きのまとめ

ふたご座(天体)の夜空での位置、 ひと月ごとの動きをまとめました。   ふたご座が見える時期はいつごろか?   何時頃、どのあたり(方角や高度)にあるか、 あらかじめ判っていれば、 …

おうし座とは 恒星や星雲・星団などの特徴と探し方

おうし座は黄道十二星座の一つで、 占星術などでも有名な星座ですね!   この記事では、   おうし座にはどんな恒星があるのか、 有名な星雲や星団 夜空での探し方は?   …

ケンタウルス座の見つけ方 見える時期とひと月ごとの動き

ケンタウルス座は、 南天を代表する星座で、 一等星が2つ、2等星が4つある とても華やかな星座です。   でも、残念なことに、 日本の多くの地域では、 星座の上半分くらいしか 観測することが …

ブラックホールの種類 大きさや構造・性質について

近付くもの全てを 飲み込んでしまう、という、 ちょっと怖い(!?)イメージがある ブラックホールですが、   いくつか種類があるって ご存知ですか?   大きさや性質によって、 グ …

うみへび座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動き

うみへび座は全天一 大きな星座なんですが、   α星(アルファルド)以外は あまり明るい星が無いので、 夜空ではちょっと わかりにくいと思います。   そこで、うみへび座が、 どの …