天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

かんむり座の神話 ディオニュソスからアリアドネへの贈り物の物語

投稿日:2019年5月26日 更新日:

かんむり座は、
うしかい座の隣にある、

とても小さな星座です。
 

明るい星もあまり無くて、
夜空ではあまり目立ちませんが、

半円状の7つの星の並びが
特徴的です。
 

かんむり座は、

ギリシャ神話の酒の神・
ディオニュソスが

クレタ島の王女・アリアドネに
贈った冠がモデルだ、
といわれています。
 

その由来となった物語を

できるだけ簡単に
解説したいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

かんむり座の神話 ディオニュソスからアリアドネへの贈り物の物語


 

かんむり座は、
ディオニュソス(バッカス)が、

アリアドネに贈った冠が
モデルとなっているんですが、
 

冠が贈られるまでの話が
ほとんどなんです。

 

そこに至るまでの物語は・・・

 

 

アリアドネが暮らすクレータ島には、
ミノタウロスという、

人の体と牛の頭を持つ怪物がいました。
 

 

ミノタウロスは、アリアドネの母である、
ミノス王妃・パシパエと、

ポセイドンの白い牡牛との間に
出来た子供で、

アリアドネとミノタウロスは
異父姉弟です。

 

この話は、ヘラクレスの十二の試練
の中でも触れていますので、
よろしければご参照ください。
   ↓     ↓
第七の功業:クレータの牡牛の生け捕り

 

 

ミノタウロスは成長するにつれて凶暴になり、
手に負えなくなったので、

ミノス王は迷宮(ラビュリントス)に
彼を閉じ込めてしまいました。
 

 

そして、ミノタウロスへの生贄として、
当時支配していたアテナイ(古代ギリシャ都市)に、

毎年、少年・少女を7人ずつ捧げるよう、
命じていました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ある年の生贄の中に、
テセウスという若者がいました。

 

彼は、後のアテナイ王で、
この生贄制度に強い憤りを感じ、

ミノタウロスを退治するため
自ら生贄に志願したのでした。

 

彼らがクレータ島に上陸した際、

アリアドネはその中にいるテセウスに、
一目で恋に落ちてしまいました。

 

そして、彼が迷宮に入る前に、
麻の糸玉短剣を手渡します。
 

 

ラビュリントスは、名工ダイダロスが築いた
脱出不可能と言われている迷宮で、

今まで、中に入って
生きて出てこられた者はいません。

 

アリアドネはテセウスに、
 

糸の先を入り口にくくり付け、

出てくるときは、その糸をたどってくるとよい
 

と伝えました。

 

そして、テセウスは見事に
ミノタウロスを討ち果たし、

アリアドネの糸玉のおかげで
迷宮からも脱出することができました。

 

テセウスはアリアドネと結婚の約束をし、
二人はクレータ島を離れました。

 

 


 

途中、ナクソス島に寄った時、テセウスは、
 

”アリアドネはアテナイに不幸をもたらす”
 

との神託を受けます。

 

これを受けてテセウスは、
アリアドネが眠っている間に出港し、

彼女を置き去りにしてしまいました。

 

※ディオニュソスがアリアドネを気に入り、
 テセウスから奪った、という説もあります。

 

 

目が覚めたアリアドネは
テセウスの仕打ちに嘆き悲しみました。

 

そこへ、酒の神・ディオニュソスが現れて、
彼女を慰め、宝石の付いた冠を贈り、

自分の妃にした、ということです。

 

この時の冠が、かんむり座となった、
と言われています。

 

 

かんむり座の神話、というわりには、
肝心の冠は付け足しのような物語でしたが・・・

 

以上がかんむり座の由来となった
ギリシャ神話です。

 

関連記事

かんむり座アルファ星と主な恒星 見つけ方と星座の特徴

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ

うしかい座の動き 見える時期と見つけ方について

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

たて座の恒星や星団など星座の特徴 場所は天の川のどのあたり?

たて座って、 ご存知でしょうか?   たて座は新しい星座で、 星座自体はあまり 知られていないと思いますが、 ”たて座UY星”が 有名ですよね!   たて座には、UY星以外に、 ど …

いて座が銀河の中心!?天の川銀河のブラックホールについて

いて座が銀河の中心である、 というのを、 聞いたことがありませんか?   実際には、いて座が、というより、 地球から見ていて座の方向にある ”いて座A” という天体が銀河系(天の川銀河)の …

ヒアデス星団食 4月9日に月が掩蔽 位置と方角、時間帯は?

おうし座のヒアデス星団が、 月によって隠される ”星食”が起こります。   日付は2019年4月9日(火)   位置や方角、時間帯 などの情報も含めて ヒヤデス星団食について まと …

おひつじ座の神話を簡単に解説 黄金の毛皮を持つ牡羊の物語

おひつじ座の由来となった ギリシャ神話の物語を ご紹介しています。   おひつじ座は、ゼウスが遣わした 黄金の毛皮を持つ牡羊が、 天に上げられ 星座となったんですが、   ちょっと …

さんかく座とは 銀河や主な恒星など星座の特徴について

さんかく座は、 綺麗な二等辺三角形の 小さな星座です。   でも、もしかすると、 ”さんかく座” という星座よりも、 さんかく座銀河(M33) のほうが有名かもしれませんね!   …