天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

うみへび座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動き

投稿日:2019年5月28日 更新日:

うみへび座は全天一
大きな星座なんですが、
 

α星(アルファルド)以外は
あまり明るい星が無いので、

夜空ではちょっと
わかりにくいと思います。
 

そこで、うみへび座が、
どの時間帯にどのあたり
(高度や位置)にあるのか、

ひと月ごとの動きを
まとめました。
 

うみへび座観測の際に
お役立ていただければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

うみへび座の見つけ方 見やすい季節とひと月ごとの動き


 

うみへび座は、
全天で一番大きな星座です。

 

天球上でのうみへびの頭の部分は
かに座の下にあり、

尻尾の先は、天秤座の近くまで
伸びていて、非常に長い星座です。

 

春の大三角のすぐ近くにあり、
からす座コップ座ろくぶんぎ座

背中に乗せるような形で
夜空に横たわっています。
 

 

あまり明るい星が無いので、夜空で
全体像は掴みにくいかもしれませんが、

近くに春の大三角があるので、
大体の位置は把握しやすいと思います。

 

春の大三角については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

 

 

うみへび座の見つけ方は、

こいぬ座のプロキオンと、しし座のレグルス
目印にしてください。
 


 

大体、上図のような位置関係です。

 

プロキオンとレグルスは、
2つとも1等星なので、

すぐに見つけられると思います。

 

プロキオンとレグルスの
ちょうど中間あたりに

うみへびの頭の部分があります。

 

 

では、うみへび座の
ひと月ごとの動きを見ていきましょう!

 

この記事では、うみへび座のα星(2等星)
の動きを追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

午後8時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前2時過ぎごろ。
高度は約45°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前7時ごろ)
星南西の空、高度約10°の位置にあります。

 

 

2月上旬
 

午後6時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前0時過ぎごろ。
高度は約45°の位置にあります。
 

午前6時前頃、
西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
東南東の空、高度約10°の位置にあります。
 

南中は午後10時過ぎごろ。
高度は約45°の位置にあります。
 

午前4時頃、
西の地平に沈みます。

 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南東の空、高度約35°の位置にあります。
 

南中は午後8時過ぎごろ。
高度は約45°の位置にあります。
 

午前2時頃、
西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南中します。

高度は約45°の位置にあります。
 

午前0時頃、
西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午後10時頃、
西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
西南西の空、高度約10°の位置にあります。
 

午後8時頃、
西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

観測できません。

 

 

9月上旬
 

午前4時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
東南東の空、高度約5°の位置にあります。

 

 

10月上旬
 

午前2時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
南東の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

11月上旬
 

午前0時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
南中します。

高度は約45°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午後10時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は午前4時過ぎごろ。
高度は約45°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南西の空、高度約35°の位置にあります。

 

 

うみへび座が見やすい季節は
冬から春にかけてです。

とても長い星座なので、
全体を見るのはなかなか難しいですが、

一番明るいα星だけとかなら、
比較的見つけやすいと思いますので、

ぜひ、観測してみてくださいね!

 

関連記事

うみへび座の恒星や星雲・星団、銀河団など星座(天体)の特徴

からす座の見つけ方とひと月ごとの動き まとめ

うみへび座の神話 ヒュドラとヘラクレス、蟹座の物語

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

いて座は 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも お馴染みの星座ですね!   夜空の天体としてのいて座は、 矢を射るケンタウロスの姿で 星座絵などに描かれており、 上半身が天の川にかかる、 …

冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

冬は、一年で一番 星がきれいに見える季節ですね!   そんな冬の夜空に ”冬のダイヤモンド”という、 美しいネーミングの星たちが 輝いています。   冬のダイヤモンドはどんな星座の …

へびつかい座とは 恒星や星雲・星団・銀河など、星座の特徴について

へびつかい座って、 どんな星座かご存知ですか?   一時期、西洋占星術で、 黄道十二星座に星座を一つ加えて 十三星座にするとか何とかで、 世間を賑わせたことがありましたよね!   …

ケフェウス座とはどんな星座?恒星や星雲 未来の北極星になるって?

ケフェウス座って、 あまり耳馴染みがない 星座かも知れませんね^^;   でも、ガーネットスターや アイリス星雲(散光星雲)など、 魅力的な天体が属していることでも 地味に人気のある星座なん …

おひつじ座の神話を簡単に解説 黄金の毛皮を持つ牡羊の物語

おひつじ座の由来となった ギリシャ神話の物語を ご紹介しています。   おひつじ座は、ゼウスが遣わした 黄金の毛皮を持つ牡羊が、 天に上げられ 星座となったんですが、   ちょっと …