%e3%81%84%e3%81%a6%e5%ba%a7%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%80%e6%81%92%e6%98%9f%e3%82%84%e6%98%9f%e9%9b%b2%e3%81%aa%e3%81%a9%e6%98%9f%e5%ba%a7%ef%bc%88%e5%a4%a9%e4%bd%93%ef%bc%89%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4

いて座とは 恒星や星雲など星座(天体)の特徴と見える時期は?

黄道十二星座の一つで、

 

この記事では、

いて座について

 

いて座にはどんな恒星があるのか?

 

まとめました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

いて座とは 主な恒星

 

主な恒星から解説していきましょう!

 

 

 クリックで拡大します

 

 

     いて座の中で最も明るい恒星。

 

γ2星が矢の先端、という形になっています。

 

 

 

     という意味を持つといわれている。

 

 

 

     の意味を持つ。

 

 

 

     併せ持つ。

 

 

 

     併せ持つ。

 

 

π星・・・アルバルダ:3等星

     三重連星

 

 

 

 

γ2星が矢の先端、という形になっています。

 

 

η星・・・固有名なし:3等星

 

φ星・・・固有名なし:3等星

 

τ星・・・固有名なし:3等星

 

ξ2星・・・固有名なし:4等星

 

ο星・・・固有名なし:4等星

 

 

     五重星で、四重連星系を成している。

     ”仔馬”の意味を持つ。

 

 

ρ1星・・・固有名なし:4等星

 

 

 

     7等星の伴星を持つ二重星(連星)

     いて座・β2星とは見かけの二重星。

     の意味を持つ。

 

 

 

     いて座の中で、16番目に明るい星。

     アラビア語で”射手のひざ”の意味を持つ。

 

 

1番目か2番目くらいに明るい、

いて座のα星はちょっと特殊ですね!

 

 

 

     いて座・β1星とは見かけの二重星。

     の意味を持つ。

 

 

        最も明るいといわれている。

 

 

スポンサードリンク

 

 

いて座の星雲・星団と星座の特徴

見ていきましょう!

 

 クリックで拡大します

 

M8・・・NGC 6523

     干潟星雲と呼ばれる散光星雲

 

 

M17・・・NGC6618

      散光星雲

 

 

 

      三裂星雲と呼ばれている散光星雲。

 

 

 

      約7万個の星が集まる球状星団。

      はじめて発見された球状星団。

 

 

 

      約10万個の星が集まる球状星団。

 

 

いて座の特徴として、

星の並びがあります。

 

 

 

英語圏では、この形から

ミルク・ディッパー(Milk Dipper:ミルクさじ)

と呼ばれています。

 

 

 

 

いて座が見える時期と探し方

 

春から夏にかけてです。

 

高度があまり高くまで上がらないので、

見える時期は短いです。

 

南斗六星がよく目立つので、

 

 クリックで拡大します

 

すぐにわかると思います。

 

南斗六星が割とわかりやすいので、

これもすぐに見つかると思います。

 

別記事にまとめてありますので、

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

 

関連記事

いて座が銀河の中心!?天の川銀河のブラックホールについて

いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話

ケンタウルス座の神話 ヘラクレスとの因縁と一族誕生の物語

 

 

スポンサードリンク

READ  かに座のギリシャ神話 大蟹カルキノスとヘラクレスの物語