%e7%9a%86%e6%97%a2%e6%9c%88%e9%a3%9f%e3%81%ae%e6%9c%88%e3%81%ae%e8%89%b2%e3%81%ae%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%80%80%e8%b5%a4%e3%81%84%e8%89%b2%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%a4%e3%82%82%e5%90%8c%e3%81%98%e3%81%98

皆既月食の月の色の変化 赤い色はいつも同じじゃない理由

赤黒い色に見えます。

血を思わせるような色だということで、

”ブラッドムーン” または

”レッドムーン”

などとも呼ばれています。

見えるわけではありません。

月面の様子を解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

皆既月食中の月の色の変化 赤い色はいつも同じじゃない理由

いつも同じ赤銅色ではないのは、

 

月面は黒っぽく見え、

明るい色に見えます。

 

皆既月食で月が赤く見える理由とは 図でわかりやすく説明します

 

火山活動で噴出したガスによるもので、

大規模な火山活動が起こった時に

 

アンドレ・ダンジョンが気付き、

 

ダンジョンスケールといいます。

 

 

 0  非常に暗く、月の中心部はほぼ見えない

 1  灰色またはこげ茶色の暗い色

 2  暗い赤茶色 月の縁は明るい

 3  少し明るいレンガ色 月の外縁は明るい

 4  オレンジ色で、月の外縁は青みがかった明るい色

 

大体このような感じです。

 

スポンサードリンク

 

メキシコのエルチチョン(活火山)の影響で、

 

フィリピンのピナツボ火山噴火の影響で、

 

相当な規模の噴火だったんですね!

 

肉眼でも測定できるそうですが、

大規模な火山活動は起きていないので、

なかなか無さそうですね・・・

 

月の色の変化は関係があるのでは、

していましたが、

現在では、それは否定的な意見が多いです。

 

関連記事

皆既月食で月が赤く見える理由とは 図でわかりやすく説明します

月食 2019年7月17日 部分月食の方角と時間帯 見える地域は?

月食と月の満ち欠けの違いと仕組み

月の自転と公転周期は同じ!月の裏側が地球から見えない理由【図説】

月の色と名前 ブルー ブラッド ブラック ストロベリームーンとは

 

スポンサードリンク

READ  月齢とは?小数点はなぜつくの?算出方法をわかりやすく説明します!