天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

おとめ座のギリシャ神話 デメテルとペルセフォネ・アストレアの伝説

投稿日:2019年5月10日 更新日:

おとめ座の由来となった
ギリシャ神話をご紹介しています。
 

ギリシャ神話は複数の説が
伝承されていることが多いですが、

おとめ座の神話も
 

豊穣の女神・デメテルと
その娘・ペルセフォネ説

正義の女神・アストレア説
 

と、2つの物語が伝えられています。
 

この2つの説について、
簡単に説明していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おとめ座のギリシャ神話 デメテルとペルセフォネ


 

おとめ座の由来となった伝説の一つ目は、

豊穣の女神・デメテルと、
その娘・ペルセフォネの物語です。

 

 

デメテルは、ギリシャ神話の豊穣の女神で、

大伸・ゼウスとの間に
ペルセフォネという娘がいました。

 

ある時、愛と美の女神・
アフロディーテの策略により、

冥界の王・ハデスが
妖精たちと花を摘んでいたペルセフォネに
一目ぼれをします。
 

そして、大地を引き裂き、
彼女を冥界へと連れ去ってしまいました。

 

どうしてこのような事態になったのかというと、
 

ペルセフォネがアフロディーテら恋愛の神を
軽んじるようになったので、
 

その報復のため、アフロディーテは息子・
エロスの矢でハデスを射て、

ペルセフォネが冥界へ連れて行かれるように
仕組んだ、ということです。

 

娘が連れ去られたデメテルは嘆き悲しみ、

そのため地上では作物が育たず、
人々は大飢饉に苦しみます。

 

これを見かねたゼウスは、ハデスに
ペルセフォネをデメテルの元へ還すよう
説得します。

 

そして、ペルセフォネはデメテルの元へ
戻ることができたのですが、

ハデスはペルセフォネを還す前に、
冥界のざくろを食べさせていたのです。

 

冥界の食べ物を口にした者は
そこに留まらなければならない、

という決まりがあり、
 

ペルセフォネは再び冥界へと
戻らなければならなくなります。

 

そこで、ゼウスは、1年のうち、

3分の1はハデスの元で、
3分の2は地上に戻る、

という取り決めをしました。

 

ペルセフォネが冥界へ戻っている4カ月間は、

デメテルの悲しみのため、
地上に実りがもたらされず、
 

地上に戻っている間は喜びのため、
花々が咲き乱れ、豊かな実りがもたらされる、
 

これが季節の始まりになった、
といわれています。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おとめ座のギリシャ神話 アストレアの伝説


 

2つ目の説は、
正義の女神・アストレアの物語です。

 

この説は、てんびん座の神話とも
通じるところがあります。

 

アストレアは正義の女神で、
その手に天秤を持ち、

死者の魂の善悪を量っていた、
といわれています。

 

 

太古の昔、神々と人々が
地上で共に暮らしていた頃、

平和で穏やかな時が続き、

アストレアの天秤も善に傾くばかりでした。

 

しかし、人々は次第に争いをはじめ、
略奪や暴力が横行し、堕落していきました。

 

神々はその様子を見て呆れ果て、

一人、また一人と次々に天界へと
帰っていきました。

 

アストレアは最後まで人間を信じ、
人々に善行を説き、一人地上に残りましたが

ついに人間は武器をつくり、
戦争を始めるまでになってしまいました。

 

アストレアは絶望し、
ついに地上を去ることを決意します。

 

そして彼女は天に昇っておとめ座となり、

手に持っていた天秤はてんびん座になった、
と伝えられています。

 

関連記事

おとめ座とは 恒星や銀河団など、天体の特徴と見つけ方

天秤座のギリシャ神話 人間を最後まで信じた女神の天秤

しし座流星群とは 特徴と仕組み 母天体と次回大出現は?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

いて座とは 恒星や星雲など星座(天体)の特徴と見える時期は?

いて座は、 黄道十二星座の一つで、 西洋占星術でも お馴染みの星座ですね!   この記事では、 夜空での、天体としての いて座について その特徴などを まとめています。   いて座 …

春の大三角の見つけ方 見える時期と月ごとの動きのまとめ

春の大三角は、 春の夜空の象徴的存在ですが、 いつごろ、どの方角で 見られるのでしょうか?   春の大三角の月ごとの動き (何時ごろにどの方角にあるか) を、まとめました。   & …

くじら座の星の名前や銀河・星雲・オロチなど 星座の特徴について

くじら座は、 トレミーの48星座の一つで、   おひつじ座とうお座の すぐ近くにある、 全天で4番目に大きな星座です。   くじら座にはどんな恒星があるのか? 属する銀河や星雲は? …

いるか座の見つけ方とひと月ごとの動き 夏の大三角を目印に!

いるか座は、 小さなひし形が特徴的な 夏の星座です。   日本でも菱星(ヒシボシ) などと呼ばれ、 古くから親しまれてきました。   でも、いるか座には 目立った明るい星が無いので …

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き

やまねこ座は、 わりと大きな星座なんですが、 明るい星があまりないので 夜空では見つけにくい星座です。   そんな やまねこ座ですが、   何時ごろ、どの位置(方角や高度)に 出て …