天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

おとめ座の見つけ方 方角や位置・南中高度など、ひと月毎の動き

投稿日:2019年5月9日 更新日:

おとめ座は、黄道十二星座の一つで、
西洋占星術でもおなじみの星座ですね!
 

この記事では、夜空の星座・
おとめ座の見つけ方を解説しています。
 

どの時間帯に、どの方角や
位置にあるのか、

南中高度は?
 

など、おとめ座の動きを
ひと月毎にまとめました。
 

大体どの位置にあるのかが解っていれば、
探しやすいと思いますので、

おとめ座観測の際に
お役立て頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おとめ座の見つけ方 方角や位置・南中高度など、ひと月毎の動き

 

おとめ座の見つけ方ですが、
春の大曲線から探すのが早いです。
 


 

上図のように、

北斗七星のひしゃくの柄の部分を
弓なりに伸ばしていくと、

まず初めに突き当たる明るい星が
うしかい座のアークトゥルスです。

 

うしかい座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
うしかい座とは 恒星の名前と見つけ方

 

そして、その曲線をさらに延長していくと、
また明るい星に行き当たります。
 

それが、おとめ座のスピカです。

 

春の大曲線については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

 

 

では、おとめ座の動きを
ひと月毎に追っていきたいと思います。

 

おとめ座は、α星であるスピカ(一等星)が
よく目立ち、見つけやすいと思いますので、

スピカの動きを解説していきます。

 

 

1月上旬
 

午前0時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前6時ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前7時前頃)
南の空、高度約40°の位置にあります。

(南中時とほぼ変わりません)

 

 

2月上旬
 

午後10時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前4時ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)
南西の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午後8時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前2時半ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時過ぎ頃)
西南西の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午後6時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前0時半ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時頃)
西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南東の空、高度約20°の位置にあります。
 

南中は、午後10時過ぎごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

午前4時前頃に
西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南東の空、高度約40°の位置にあります。
 

南中は、午後8時過ぎごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

午前2時前頃に
西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南の空、高度約40°の位置にあります。

南中は過ぎています。
 

午前0時前頃に
西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午後9時半過ぎ頃に
西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南西の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後7時半過ぎ頃に
西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

午前4時半ごろ
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
東の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午前2時半ごろ
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南東の空、高度約40°の位置にあります。

 

関連記事

おとめ座とは 恒星や銀河団など、天体の特徴と見つけ方

春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

小惑星パラスが地球最接近 うしかい座アークトゥルス付近

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

かに星雲 超新星の記録 藤原定家が日記『明月記』に記す

かに星雲は、おうし座にある 超新星残骸ですが、 約1000年前に、 超新星爆発を起こした当時の記録が 日本や中国に 複数残されています。   今回は、超新星爆発を起こし、 かに星雲となった当 …

いて座が銀河の中心!?天の川銀河のブラックホールについて

いて座が銀河の中心である、 というのを、 聞いたことがありませんか?   実際には、いて座が、というより、 地球から見ていて座の方向にある ”いて座A” という天体が銀河系(天の川銀河)の …

みなみのかんむり座とは 主な恒星と星団・星雲など星座の特徴

”みなみのかんむり座”って ご存知ですか?   いて座のすぐ近くにある 小さな星座で、 うしかい座の隣にある かんむり座とは違う星座です。   形もかんむり座に似ていて、 小さな半 …

かんむり座がよく見える季節は?方角や位置(高度)のひと月ごとのまとめ

かんむり座は、 7つの星が半円状に並ぶ、 とても可愛らしい星座です。   でも、アルファ星以外 明るい星もなく、 小さな星座なので、夜空では ちょっと見つけにくいかもしれません。 &nbsp …

おおいぬ座とこいぬ座の神話 主な4つの物語

おおいぬ座とこいぬ座の神話は、 大犬と子犬がセットになって 語られているものや、別々のもの、   あるいは、ギリシャ神話の勇者・ オリオンと一緒のものなど、 様々あります。   今 …