天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

おとめ座の見つけ方 方角や位置・南中高度など、ひと月毎の動き

投稿日:2019年5月9日 更新日:

おとめ座は、黄道十二星座の一つで、
西洋占星術でもおなじみの星座ですね!
 

この記事では、夜空の星座・
おとめ座の見つけ方を解説しています。
 

どの時間帯に、どの方角や
位置にあるのか、

南中高度は?
 

など、おとめ座の動きを
ひと月毎にまとめました。
 

大体どの位置にあるのかが解っていれば、
探しやすいと思いますので、

おとめ座観測の際に
お役立て頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おとめ座の見つけ方 方角や位置・南中高度など、ひと月毎の動き

 

おとめ座の見つけ方ですが、
春の大曲線から探すのが早いです。
 


 

上図のように、

北斗七星のひしゃくの柄の部分を
弓なりに伸ばしていくと、

まず初めに突き当たる明るい星が
うしかい座のアークトゥルスです。

 

うしかい座については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
うしかい座とは 恒星の名前と見つけ方

 

そして、その曲線をさらに延長していくと、
また明るい星に行き当たります。
 

それが、おとめ座のスピカです。

 

春の大曲線については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

 

 

では、おとめ座の動きを
ひと月毎に追っていきたいと思います。

 

おとめ座は、α星であるスピカ(一等星)が
よく目立ち、見つけやすいと思いますので、

スピカの動きを解説していきます。

 

 

1月上旬
 

午前0時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前6時ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前7時前頃)
南の空、高度約40°の位置にあります。

(南中時とほぼ変わりません)

 

 

2月上旬
 

午後10時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前4時ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時半頃)
南西の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

3月上旬
 

午後8時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前2時半ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時過ぎ頃)
西南西の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

4月上旬
 

午後6時半ごろ、
東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前0時半ごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

日の出ごろ(午前6時頃)
西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南東の空、高度約20°の位置にあります。
 

南中は、午後10時過ぎごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

午前4時前頃に
西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南東の空、高度約40°の位置にあります。
 

南中は、午後8時過ぎごろ。
高度は約40°の位置にあります。
 

午前2時前頃に
西の地平に沈みます。

 

 

7月上旬
 

日の入りごろ(午後7時ごろ)
南の空、高度約40°の位置にあります。

南中は過ぎています。
 

午前0時前頃に
西の地平に沈みます。

 

 

8月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
南西の空、高度約30°の位置にあります。
 

午後9時半過ぎ頃に
西の地平に沈みます。

 

 

9月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
南西の空、高度約20°の位置にあります。
 

午後7時半過ぎ頃に
西の地平に沈みます。

 

 

10月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
西の地平に沈みます。

 

 

11月上旬
 

午前4時半ごろ
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
東の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

12月上旬
 

午前2時半ごろ
東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
南東の空、高度約40°の位置にあります。

 

関連記事

おとめ座とは 恒星や銀河団など、天体の特徴と見つけ方

春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

小惑星パラスが地球最接近 うしかい座アークトゥルス付近

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

こいぬ座の見つけ方 プロキオンの位置と動き ひと月ごとのまとめ

こいぬ座は、α星である 一等星・プロキオンを有する星座として よく知られていますね!   プロキオンは、冬の大三角や 冬のダイヤモンドを形成する 星の一つとしても有名です。   そ …

ろくぶんぎ座とは 意味や星座の特徴 銀河・主な恒星など

ろくぶんぎ座は、 17世紀に作られた 新しい星座です。   ろくぶんぎ座の”ろくぶんぎ” とは何か? どんな恒星があるのか 属する銀河は?   など、ろくぶんぎ座の 星座の特徴につ …

かみのけ座の位置

かみのけ座の見つけ方 見える時期と位置のひと月ごとのまとめ

かみのけ座は、主に、 星団によって形作られている 珍しい星座です。   目立った明るい天体が無いので ちょっと見つけにくいと思います。   そこで、かみのけ座が どの位置にあるのか …

みなみのかんむり座の神話はディオニュソスが母に贈った冠の物語!?

みなみのかんむり座は、 ギリシャ時代には 星座として扱われていましたが、 (B.C.1世紀ごろの文献に  記録が残っています)   実は、これといった神話は 伝えられていません。 &nbsp …

かみのけ座

かみのけ座とは 銀河団と恒星・星団などの特徴

星座は通常、 恒星で形作られていますが、 かみのけ座は、そのほとんどが 星団でできている、という、 ちょっと変わった星座です。   かみのけ座とはどういう星座なのか。   その特徴 …