天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ヘラクレス 十二の試練とは?【後編】

投稿日:2019年4月27日 更新日:

ギリシャ神話一の英雄、
ヘラクレスの十二の試練【後編】です。
 

自分の妻子を殺してしまった
贖罪のための試練、

7番目から12番目までは
どのような功績を残したのでしょうか?
 

早速見ていきたいと思います。

 

前半、1~6の試練は
以下の記事をご覧ください。
   ↓    ↓
ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

 

目次

第七の功業 :クレータの牡牛の生け捕り

第八の功業 :トラキア王・ディオメデスの人喰い馬の生け捕り

第九の功業 :アマゾンの女王・ヒッポリュテの腰帯を入手

第十の功業 :ゲリュオネスの紅い牛の生け捕り

第十一の功業:ヘスペリデスの黄金の林檎を入手

第十二の功業:地獄の番犬ケルベロスの生け捕り

 

 

スポンサードリンク


 

 

ヘラクレス 十二の試練とは?【後編】

 

第七の功業:クレータの牡牛の生け捕り


 

クレータの牡牛は、海神・ポセイドンが
クレータ島の王・ミノスに贈ったものでしたが、
 

ミノスがポセイドンとの約束を違えたため、

ポセイドンはこの牡牛を凶暴にし、
暴れさせました。

 

そして、ポセイドンは、

ミノスの妻・パシパエが、
牡牛に恋い焦がれるように仕向け、
 

パシパエは牛頭の子・ミノタウロスを
生んだ、といわれています。

 

エウリュステウス王はこの牡牛を捕らえるよう、
ヘラクレスに命じました。

 

ヘラクレスはミノス王に協力を求めましたが
拒否されたので、

一人で素手で格闘後、生け捕りにし、
エウリュステウスの元まで連れて行きました。

 

 

第八の功業:トラキア王・ディオメデスの人喰い馬の生け捕り


 

軍神・アレスの子で、
トラキア王であるディオメデスは、

旅人を捕らえては自分の馬に食わせていました。

 

ヘラクレスはディオメデスと戦い、

勝利した後、その馬を生け捕りにし、
ディオメデスを食わせてしまいました。

 

他説では、ヘラクレスが馬を奪ったため、
ディオメデスが奪還しようと追撃してきましたが、

ヘラクレスはあっさりこれを打ち破り、
ディオメデスに勝利した、ともいわれています。

 

その間、少年に馬の番をさせていましたが、

帰ってくると、その少年は馬に食い殺されていた、
という話もあります。

 

 

第九の功業:アマゾンの女王・ヒッポリュテの腰帯を入手

 

エウリュステウスの娘・アドメーテーが
ヒッポリュテの腰帯を欲しがったため、

ヘラクレスは勇者を募り、
アマゾンの元へ乗り込みました。

 

戦いを覚悟していましたが、ヘラクレスは
女王・ヒッポリュテに気に入られ、

帯を渡してもらえることになりました。

 

ところが、女神・ヘラが
アマゾンの一人に姿を変え、

”ヘラクレス女王をさらおうとしている”

と触れ回ったため、アマゾンたちは
ヘラクレスたちを襲撃しました。

 

ヒッポリュテに騙されたと思ったヘラクレスは
彼女を殺して帯を手に入れ、

襲撃してきたアマゾネス達と戦い、
彼女らを退けました。

 

その他の説では、ヘラはヒッポリュテに化けて、

”ヘラクレスが国を乗っ取ろうとしている”

とアマゾネスたちを騙し、
ヘラクレスたちを襲撃させました。

 

激怒したヘラクレスが
ヒッポリュテ(本人)に詰め寄りますが、

必死に無実を訴えるヒッポリュテを
殴り殺してしまいました。

 

冷静になって考えると、彼女の目は
嘘を言っている目ではなかった、

と、有無を言わさず殺したことを
後悔したと、いわれています。

 

 

スポンサードリンク


 

 

第十の功業ゲリュオネスの紅い牛の生け捕り

 

ゲリュオネスは、クリュサオルの息子で、

三つの頭と六つの腕・六つの脚を持つ(銅は一つ)
怪物だとされています。

 

クリュサオルとは、メデューサの息子で、
神馬・ペガサスとは双子だといわれています。

 

ゲリュオネスは、人が行き着くことができない、
と言われている孤島に住んでいて、
 

やっとの思いでたどり着いたヘラクレスは

牛の番犬・オルトロスや、
牛飼い・エウリュティオーンを殺し、

紅い牛と牛の群れを奪いました。

 

さらに、追ってきたゲリュオネスも
毒矢で射殺し、

紅い牛をエウリュステウス王のところに
連れ帰りました。

 

 

第十一の功業:ヘスペリデスの黄金の林檎を入手


 

第十一の功績は、ヘスペリデスの園にあるという、
黄金のりんごの実を手に入れること。

 

どこにあるかもわからないヘスペリデスの園に
ヘラクレスはどうやってたどり着いたのか、

また、黄金の林檎の実を、
どうやって手に入れたのか、
 

このあたりの話は”りゅう座の神話”
まとめてありますので、ご参照ください。
     ↓     ↓
りゅう座の神話 ラドンが守るヘスペリデスの黄金の林檎とヘラクレスの冒険

 

 

第十二の功業:地獄の番犬ケルベロスの生け捕り


 

ヘラクレスの十二の功業、
最後の試練は、
 

地獄の番犬といわれる
ケルベロスを生け捕りにし、

エウリュステウスの元へ
連れてくること。

 

ケルベロスは三つの頭を持つ犬の怪物で、
その兄弟には、
 

オルトロス(第十の功業)・ヒュドラ(第二の功業)・
キマイラ・ネメアの獅子(第一の功業)・ラドン など、
 

錚々たるメンバーがいます。

 

ヘラクレスは、アテナとヘルメスの力を借りて
冥界へ行き、冥界の王・ハデスから、

傷つけたり、殺したりしないことを条件に、
ケルベロスを地上へ連れていくことを許されます。

 

地上に出た際、ケルベロスは
太陽の光に驚いて吠え、
 

その飛び散った唾液から、
猛毒のトリカブトが誕生した、

と言われています。
 

 トリカブト

 

ケルベロスを目の前にした
エウリュステウス王は、

あまりの恐ろしさに身を隠してしまった、
といわれています。

 

 

以上がヘラクレスの十二の試練です。

 

前半、1~6の試練は
こちらの記事をご覧ください。
   ↓    ↓
ヘラクレス 十二の試練とは?【前編】

 

 

なんか・・・

”罪滅ぼし”というわりに、
人(その他)を殺しまくってますよね。

 

そもそも、現代とは感覚が違うんでしょうが、
ギリシャ神話はモヤモヤが残る話が多くて、
 

どうも釈然としないですね~

 

 

さて、ヘラクレスはその後、
どうなったのか・・・

 

この続きは、以下の記事にまとめてありますので、
よろしければご覧下さい。
     ↓     ↓
ヘルクレス座の神話 英雄・ヘラクレスの悲劇の生涯の物語

 

関連記事

ケンタウルス座の神話 ヘラクレスとの因縁と一族誕生の物語

ヘルクレス座の恒星の名前 星団や銀河など星座の特徴と見つけ方

ヘルクレス座の見つけ方 時期ごとの方角と位置 見やすい季節は?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ケンタウルス座の見つけ方 見える時期とひと月ごとの動き

ケンタウルス座は、 南天を代表する星座で、 一等星が2つ、2等星が4つある とても華やかな星座です。   でも、残念なことに、 日本の多くの地域では、 星座の上半分くらいしか 観測することが …

おうし座の神話を簡単に説明します。エウロペとイオの2つの物語

ギリシャ神話などで、 複数の伝承があるのは よくあることなんですが、   おうし座の神話にも 2つの物語が語り継がれています。   エウロペとイオという 2人の女性に因んだ神話なん …

みなみのうお座の神話 デルセトとアフロディーテ、アポロンの由来説

みなみのうお座の モデルとなったのは、   豊穣の女神・デルセト 愛と美の女神・アフロディーテ 太陽神・アポロン   など、様々に伝えられています。   みなみのうお座の …

エリダヌス座とは 主な恒星や銀河・星雲など 星座の特徴について

エリダヌス座は、 川がモデルになっている 珍しい星座で、   オリオン座の近くを 大きくうねりながら 天に横たわっています。   エリダヌス座には どんな恒星があるのか 属する星雲 …

ちょうこくしつ座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

ちょうこくしつ座は 18世紀に設定された とても新しい星座です。   明るい恒星が無く、 高度もあまり上がらないので、 ちょっと見つけにくい 星座の一つです。   そこで、ちょうこ …