天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

ぎょしゃ座の見つけ方 方角と位置(高度)のひと月ごとのまとめ

投稿日:2019年4月15日 更新日:

ぎょしゃ座の見つけ方を
ご紹介しています。
 

ぎょしゃ座は一等星・カペラを有する
きれいな五角形の星座で、
 

何時頃にどの方角や位置
(高度)にあるのかが解っていれば

より探しやすいかと思います。
 

この記事ではぎょしゃ座の動きを
ひと月ごとにまとめましたので、

天体観測の際に
お役立て頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ぎょしゃ座の見つけ方 方角と位置(高度)のひと月ごとのまとめ

 クリックで拡大します
 

ぎょしゃ座は、天の川のすぐ傍に位置する
綺麗な五角形をした星座です。

 

ぎょしゃ座の見つけ方は、

冬のダイヤモンドを目印にすると
判りやすいと思います。


 

冬のダイヤモンドについては、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

 

冬のダイヤモンドは、
夜空で目立つので、
 

以下で記載している、
ひと月毎の動きと共に、

ぎょしゃ座を見つける際の、
参考になさってください。

 

この記事では、ぎょしゃ座のα星である
カペラ(1等星)の動きと位置を、

ひと月ごとに追っていきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
カペラは北東の空、高度約30°の
位置にあります。
 

南中は、午後10時過ぎ頃。

ほぼ天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前7時前ごろ)
北西の地平に沈みます。

 

 

2月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
カペラは北東の空、高度約50°の
位置にあります。
 

南中は、午後8時過ぎ頃。

ほぼ天頂に位置しています。
 

午前5時半ごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

3月上旬
 

日の入りごろ(午後5時半ごろ)
カペラは北東の空、高度約75°の
位置(天頂近く)にあります。
 

南中は、午後6時半頃。

ほぼ天頂に位置しています。
 

午前3時半過ぎごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

4月上旬
 

日の入りごろ(午後6時ごろ)
北西の空、高度約70°の
位置(天頂近く)にあります。
 

午前1時半過ぎごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

日の入りごろ(午後6時半ごろ)
北西の空、高度約40°の
位置にあります。
 

午後11時半過ぎごろ、
北西の地平に沈みます。

 

 

6月上旬
 

日の入りごろ(午後7時前ごろ)
北西の空、高度約20°の
位置にあります。
 

午後9時半過ぎごろ、
北西の地平に沈みます。
 

午前3時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北東の空、高度約10°の
位置にあります。

 

 

7月上旬
 

午前1時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前4時半ごろ)
北東の空、高度約30°の
位置にあります。

 

 

8月上旬
 

午後11時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時前ごろ)
北東の空、高度約50°の
位置にあります。

 

 

9月上旬
 

午後9時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)
北東の空、高度約70°の
位置(天頂近く)にあります。

 

 

10月上旬
 

午後7時ごろ、
北東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前4時半頃。

ほぼ天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)
北西の空、高度約70°の
位置(天頂近く)にあります。

 

 

11月上旬
 

日の入りごろ(午後5時ごろ)
北東の地平より顔を出します。
 

南中は、午前2時半頃。

ほぼ天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)
北西の空、高度約45°の
位置にあります。

 

 

12月上旬
 

日の入りごろ(午後4時半ごろ)
北東の空、高度約10°の
位置にあります。
 

南中は、午前0時半頃。

ほぼ天頂に位置しています。
 

日の出ごろ(午前6時半ごろ)
北西の空、高度約20°の
位置にあります。

 

関連記事

ぎょしゃ座とは 恒星や星団・星雲などの特徴と意味や由来

ぎょしゃ座のギリシャ神話 3人の馭者の物語

おうし座とは 恒星や星雲・星団などの特徴と探し方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

いて座の探し方 よく見える時期は?南中時刻や位置など、ひと月ごとの動き

いて座のひと月ごとの、 夜空での天体としての動きを まとめています。   いて座はよく目立つ さそり座の隣にあり、 いて座の南斗六星も 割と目立つので、 見つけやすい星座だと思いますが、 & …

しし座とは 星座の特徴と主な恒星 方角や見つけ方は?

しし座は黄道十二星座の一つでもあり、 占星術などでも有名な星座ですね!   この記事では、天体としての しし座という星座について   どのような特徴があるのか 主な恒星は? 美しい …

とも座とは 主な恒星や星団・星雲など 星座の特徴について

とも座って、 ちょっと耳慣れない 星座ですよね?   とも座は南天の星座で、 日本ではあまり高くまで 昇らない星座なので 知名度が低いのかもしれません。   そんな とも座ですが、 …

ペガスス座の恒星の名前と星団・銀河などの特徴について

ペガスス座は、 秋の夜空に浮かぶ四角形、 ”秋の四辺形”を作る 星座として知られています。   4角形を構成する星の他に、 どのような恒星があるのか ペガスス座に属する星団や銀河は? &nb …

春の大曲線とは 星座と星と探し方 観測しやすい時期と方角

春の大曲線は、春の夜空で 明るい恒星を結んでいくとできる 大きな曲線のことです。   春の大曲線を構成する星と、 そこから見つかる星座の探し方や、 観測できる時期や方角、 時間帯など、 春の …