天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

流星群

ふたご座流星群の観測方法 おすすめは肉眼?それとも双眼鏡?

投稿日:2019年3月24日 更新日:

ふたご座流星群の
おすすめの観測方法を
ご紹介しています。
 

肉眼で観るのがいいのか、
双眼鏡を使ったほうがいいのか、
 

あと、ふたご座流星群の見頃や方角、
あったら便利な道具や持ち物など、
 

流星群観測のためのノウハウを
まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ふたご座流星群の観測方法 おすすめは肉眼or双眼鏡?

ふたご座流星群
 

ふたご座流星群を観測するとき、

双眼鏡を用意するべきかどうか、
迷っていませんか?

 

ふたご座流星群に限らず、
流星を観測するなら、
 

双眼鏡や天体望遠鏡などのように
狭い範囲を見るよりも、
 

空全体をぼんやり見ていた方が
見つけやすいと思います。

 

流星は全天に流れるので、
一点に集中せず、

なるべく暗い方で広範囲を
見ていた方が見つけやすいですよ!

 

 

天体望遠鏡

一方、双眼鏡や望遠鏡は、

放射点付近を観測するのに便利です。

 

放射点は、輻射点(ふくしゃてん)ともいい、
 

その一点から流星が飛び出してきて、
四方八方に流れるように見える点です。

 

一点といっても、
そんなに狭くはないですよ!

大体そのあたり、
という程度に捉えてください。

 

ふたご座流星群 放射点
ふたご座流星群 放射点 クリックで拡大します
 

流星群の場合は、

どの星座に放射点が
含まれているかによって
 

その流星群の名前が決まります。

 

ふたご座流星群なら放射点は、
上図のように、

カストル(ふたご座のα星)の近く
にあります。

 

放射点近くの流星は短く、

遠くのものほど
長く尾を引いて見えます。

 

なので、おすすめの観測方法は、
 

流星を観測したいなら肉眼

放射点や個々の星々などを観測したいなら双眼鏡
 

が良いと思います^^

 

 

スポンサードリンク


 

 

ふたご座流星群のおすすめ観測方法と持ち物

星座早見盤
 

まず、いつ見ればよいのかですが、
ふたご座流星群は、毎年、
 

12月14日前後にピーク(極大)

を迎えます。

 

なので、そのあたりが
一番の見頃なんですが、
 

ピーク日時は毎年ズレがあるので、

月の状態
(月の出・月の入り時刻など)
を含めて
 

その年の最新情報をチェック
するようにして下さい。
 

今年・2020年のふたご座流星群の最新情報はこちら!
     ↓     ↓
ふたご座流星群 2020年の方角とピークはいつ頃?一番の見頃の時間帯は?

 

この時期、
ふたご座流星群の放射点は、
 

午前2時ごろにほぼ天頂に来るので、

時間的にはその頃が一番の見頃です。

 

ふたご座は、東から昇り、
天頂を通って西にいくので、

位置は観る時間によって
適宜ずらしてくださいね。

 

 

天体観測
 

おすすめの観測方法は、

視界が開けていて、空気が澄んでいて、
灯りが無いところで寝転がって観る
 

これが理想なんですが、
なかなかその通りにはいきませんよね^^;

 

視界が開けていて、空気が澄んでいて、灯りが無い
 

これらは、なるべく
その条件に近い方が

流星を多く
観測することができます。

 

そして、寝転がって観る、
というのは
 

首が痛くならないように、

できるだけ長く
観測していられるように、
 

その対策です。

 

なので、別に寝転がらなくてもいいので、
楽な姿勢をとるようにしてください。

 

というのも、暗闇に目が慣れるまでには
少し時間がかかります。

 

10~15分くらいは
空を眺めていた方が良いでしょう。

 

 

ふたご座流星群は、
良い観測条件下で、

1時間あたり40~60個くらい
観測できます。

 

これは、全流星群の中でも
トップクラスの数なんですが、
 

それでも1分間に1個
見られるか見られないか、

という数です。

 

※多い時はもう少し観測できることもあります

 

なので、出来るだけ長時間、
根気よく空を眺めるようにして下さい。

 

 

懐中電灯

道具は、屋外の暗い所で観測するときは

・懐中電灯

・防寒具

・星座早見盤

・方位磁針

・レジャーシートや椅子など

・時計

などがあれば便利です。
 

あと、放射点や
個々の星々の観測もする時は

双眼鏡や天体望遠鏡が
あったら便利ですね。

 

天体観測の持ち物や条件などは
以下の記事をご覧ください。
    ↓    ↓
天体観測 冬の持ち物 防寒対策や便利グッズなど

天体観測のルールとマナー、条件、注意点など

 

 

そして、12月中旬の夜中に
ずっと外にいると

ハンパなく寒いです!

 

カイロなど多めに持って、

寒さ対策を万全にして
観測するようにして下さいね!

 

寝転がって観測するのでしたら、

寝袋に入って観るのも
良いかも知れませんね!

 

 

まとめ

深夜の観測は危険を伴います。
 

トラブルに巻き込まれないよう、

十分注意して
観測するようにして下さい。

 

また、街中で観測する場合は、

近隣の迷惑にならないように
気を付けてくださいね。

 

関連記事

ふたご座流星群 2019年の方角とピークはいつ頃?一番の見頃の時間帯は?

ふたご座流星群のしくみ 特徴と母天体 星座の神話について

沖縄県のふたご座流星群スポット5選 おすすめはここ!

 

 

スポンサードリンク


-流星群
-

執筆者:

関連記事

流星群

うしかい座流星群 2020年の方角やピーク(極大)見頃はいつ?

今年・2020年の うしかい座流星群の情報です。   今年のピークはいつか? 方角や一番の見頃の時間帯は?   など、 今年のうしかい座流星群について まとめました。   …

流星観測

しぶんぎ座流星群 2020年のピークはいつ?どの方角で見られる?

今年一年の 天体ショーの幕開けを飾る しぶんぎ座流星群・2020年の 最新情報です。   ピーク(極大)の日時はいつ? どの方角で見られる? 何時ごろが見頃?   など、今年のしぶ …

流星

りゅう座流星群とは 放射点の位置や方角・見つけ方 母天体は?

りゅう座流星群って、 どんな流星群なんでしょうか?   その特徴や、放射点の位置と方角、 母天体は? など、   りゅう座流星群について、 具体的なピーク日時以外の、 毎年変わらな …

ペルセウス座流星群の流星

ペルセウス座流星群とは 特徴と仕組み 放射点の方角と探し方

ペルセウス座流星群は 年間三大流星群の一つで、 日本で見られる流星群の中でも 一二を争う規模です。   天体ショーの中でも 一番の花形的存在といえるでしょう。   毎年話題になるペ …

みずがめ座

みずがめ座η流星群の読み方 方角や極大(ピーク)母天体について

みずがめ座η流星群とは 何なのでしょうか?   ηの読み方は? どの方角を見ればよいのか 極大(ピーク)はいつ頃? 母天体は?   など、 みずがめ座η流星群について、 あらゆる角 …