%e3%81%97%e3%81%97%e5%ba%a7%e3%81%ae%e6%96%b9%e8%a7%92%e3%81%a8%e4%bd%8d%e7%bd%ae%ef%bc%88%e9%ab%98%e5%ba%a6%ef%bc%89%e3%81%b2%e3%81%a8%e6%9c%88%e3%81%94%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d%e3%81%a8

しし座の方角と位置(高度)ひと月ごとの動きと見つけ方

 

どのような動きを見せるのか、

 

お役立て頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

しし座の方角と位置(高度)ひと月ごとの動きと見つけ方

 

しし座のβ星・デネボラは、

おとめ座・スピカと共に、

春の大三角を構成する星の一つです。

 

春の大三角とは 星の名前と星座 見つけ方は?

 

デネボラの動きを追ってみたいと思います。

 

”獅子の尾”という意味を持ち、

その名の通り、しし座の尻尾の位置にあります。

 

 

 

 

 

高度は約70°の位置にあります。

 

西南西の空、高度約55°の位置にあります。

 

 

 

 

高度は約70°の位置にあります。

 

西の空、高度約30°の位置にあります。

 

 

 

 

 

西の空、高度約20°の位置にあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

西の地平に沈みます。

 

 

 

 

 

西の地平に沈みます。

 

 

 

 

西の地平に沈みます。

 

 

 

 

西の地平に沈みます。

 

 

 

 

西の地平に沈みます。

 

 

 

 

西の地平に沈みます。

 

 

 

 

東の空、高度約15°の位置にあります。

 

 

 

 

東の空、高度約45°の位置にあります。

 

 

 

 

東の空、高度約70°の位置にあります。

 

関連記事

しし座とは 星座の特徴と主な恒星 方角や見つけ方は?

しし座流星群とは 特徴と仕組み 母天体と次回大出現は?

しし座の神話を簡単に解説 人食いライオンとヘラクレスの死闘

 

 

スポンサードリンク

READ  かみのけ座とは 銀河団と恒星・星団などの特徴