天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

プレアデス星団とは 星の名前と特徴 地球までの距離は?

投稿日:2019年3月6日 更新日:

プレアデス星団は、

きれいな青白い光を放つ、
とても人気のある天体です。
 

和名は”すばる”

こちらの方が有名かもしれませんね!
 

プレアデス星団とは、
どんな天体なんでしょうか。
 

恒星の名前や地球までの距離など、
その特徴について、まとめました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

プレアデス星団とは 星の名前と特徴 地球までの距離は?


 

プレアデス星団は、
おうし座にある散開星団で、

”すばる”という和名のほうが
良く知られていますね!

 

平安時代に清少納言が、著書・枕草子の中で
 

”星はすばる・・・(すばるは趣があって良い)”
 

とも語っているように、
日本人には古くからなじみ深い星です。

 

肉眼でも観測することができ、

通常の視力の人で、
6~7個の星を見ることができます。

 

 

恒星の推定年齢は、
6000万年から1億年ほどといわれていて、

これでも天体の年齢としては
比較的若い方です。

(太陽は現在約46億歳なので)

 

恒星誕生時の星間ガスが
星の周囲を漂っていて、

恒星の表面温度が高温のため、

青白く輝く星団の光がそのガスに反射して、
一層青く美しく輝いて見えます。

 

また、星自体の燃焼の速度が速いため、
寿命は短いだろうと推測されています。

(あと、1000万年ほどで超新星爆発を
 起こすのではないか、ともいわれています)

 

超新星爆発については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
ベテルギウスの超新星爆発 地球への影響は?ガンマ線バーストは直撃するか

 

 

スポンサードリンク


 

 

プレアデス星団を構成する星の数は、
100個とも200個とも言われていますが、

(どこまで数えるかはっきりしていないため)
 

主要な7つの星について、
明るい順に説明していきたいと思います。
 

 クリックで拡大します

 

アルキオネ・・・おうし座η(イータ)星:3等星

      プレアデス星団の中で最も明るい恒星

 

 

アトラス・・・・おうし座27番星:4等星

      多重星(三重星)

 

 

エレクトラ・・・おうし座17番星:4等星

      月や太陽系の惑星による
      掩蔽(えんぺい)が起こる

 

 

マイア・・・・・おうし座20番星:4等星

      表面に、水銀やマンガンなどの元素が
      非常に濃い濃度で存在する

 

 

メローペ・・・・おうし座23番星:4等星

      脈動変光星で、周りを散光星雲(NGC 1435)
      反射星雲(IC 349)が取り囲んでいる

 

 

タイゲタ・・・・おうし座19番星:4等星

      分光連星で、月に掩蔽されることもある準巨星

 

 

プレイオネ・・・おうし座28番星:5等星

      アトラス(おうし座27番星)の
      すぐ近くにある連星

 

 

肉眼では6個見える人が多い中、
(観測条件が良くないと無理かも・・・)

視力が良い人は7個見える、というのは、
 

プレイオネが識別できるかどうかに
かかっているのかもしれませんね!

(アトラス(27番星)が明るいため、
 プレイオネは識別しにくい)

 

 

この、7つの恒星は、

プレアデス星団のギリシャ神話である
プレアデスの7姉妹の星とは異なります。

 

プレアデス星団のギリシャ神話は
以下の記事にまとめてありますので、
ご参照ください。
     ↓     ↓
プレアデス星団の神話 7人姉妹とオリオンの物語

 

 

地球からの距離は
様々な議論がなされてきたようですが、

約443光年というのが
最新の研究結果で解ってきたようです。

 

関連記事

おうし座とは 恒星や星雲・星団などの特徴と探し方

おうし座流星群とは 特徴と放射点の方角 母天体は?

おうし座流星群の小惑星が地球衝突ってどういう意味!?

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

ペルセウス座の神話 アンドロメダ座とカシオペア座の伝説と由来【中編】

ペルセウス座の近くには、 アンドロメダ座とカシオペア座がありますが、 この2つの星座も、ペルセウス座の神話に 深くかかわっています。   英雄・ペルセウスの冒険の物語と アンドロメダ・カシオ …

へびつかい座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

へびつかい座は、 さそり座のすぐ近くにある、 五角形のような形をした、 大きな星座です。   両手に大蛇(へび座)を持ち、 へび座を2つに分断する形で 天に横たわっています。   …

ヒアデス星団食 4月9日に月が掩蔽 位置と方角、時間帯は?

おうし座のヒアデス星団が、 月によって隠される ”星食”が起こります。   日付は2019年4月9日(火)   位置や方角、時間帯 などの情報も含めて ヒヤデス星団食について まと …

へび座の主な恒星の名前と星団・星雲など星座の特徴について

へび座は、2つに分断されている、 ちょっと珍しい星座です。   はじめは、へびつかい座の 一部として扱われていたのが、 後に切り離される、という、 ちょっと変わった経歴をもっています。 &n …

こと座ベガの神話 わし座アルタイルとの2つの牽牛織女伝説

こと座のベガといえば織女星、 七夕の織姫星ですね!   この星は、わし座のアルタイル (牽牛星)との伝説が有名です。   今回は、こと座ベガと わし座アルタイルの神話について ご紹 …