天文ブログ

天体ショースケジュールや天文現象について書いています。

星座・星・神話

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

投稿日:2019年2月28日 更新日:

冬のダイヤモンドは、
冬の大六角形とも呼ばれていて、

夜空を彩る
とてもきれいな星たちです。
 

冬の大三角に比べると
知名度は低いですが、

冬を代表する星座を見つける
目印にもなりますので、
 

ぜひ、見つけ方を覚えて、
夜空を探してみてください。

 

冬のダイヤモンドについて、
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
     ↓     ↓
冬のダイヤモンドとは 星座と星の名前 見つけ方の説明

 

 

スポンサードリンク


 

 

冬のダイヤモンドの方角と位置 見つけ方はオリオン座を目印に!

 

冬のダイヤモンドは、
 

・おおいぬ座 : シリウス

・オリオン座 : リゲル

・おうし座  : アルデバラン

・ぎょしゃ座 : カペラ

・ふたご座  : ポルックス

・こいぬ座  : プロキオン
 

以上の6つの恒星を結んでできる、
とても大きな六角形です。

 

※ふたご座のカストルを入れて
 7つ星で構成する、という説もあります。

 

 

見つけ方は、オリオン座をまず探してください。
 

オリオン座は三ツ星が目立つので、
すぐにわかると思います。

 


 

オリオン座の周りをぐるっと囲むように
冬のダイヤモンドは位置しています。

 

では、6つの星が、どの時期(時間)に
どの位置(方角・高度)にあるのか、

各月ごとに説明していきたいと思います。

 

 

1月上旬
 

午後7時ごろ、東の空に6つの星が揃います。
 

各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・東南東 高度約 5°

リゲル・・・・・・ 南東  高度約30°

アルデバラン・・・東南東 高度約50°

カペラ・・・・・・東北東 高度約50°

ポルックス・・・・東北東 高度約20°

プロキオン・・・・ 東  高度約 8°
 

午後11時~午前0時ごろ、
天頂付近にきます。
 

その頃、オリオン座は南南西の空、
高度約40°~60°あたりにあります。
 

午前3時半ごろ、オリオン座のリゲルが
最初に西南西の地平に沈みます。
 

その頃の各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・西南西 高度約13°

リゲル・・・・・・西南西 地平付近

アルデバラン・・・西北西 高度約 8°

カペラ・・・・・・ 北西  高度約30°

ポルックス・・・・ 西  高度約50°

プロキオン・・・・西南西 高度約40°

 

 

2月上旬
 

午後7時ごろの各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・ 南東  高度約25°

リゲル・・・・・・南南東 高度約45°

アルデバラン・・・南南東 高度約70°

カペラ・・・・・・ 北東  高度約70°

ポルックス・・・・ 東  高度約40°

プロキオン・・・・東南東 高度約30°
 

午後9時~午後10時ごろ、
天頂付近にきます。

その頃、オリオン座は南西の空、
高度約40°~60°あたりにあります。
 

午前1時半ごろ、オリオン座のリゲルが
最初に西南西の地平に沈みます。
 

その頃の各恒星の方角と高度は、
1月に記したものと同じです。

 

 

3月上旬
 

午後7時ごろ、ほぼ天頂付近にあります。
 

各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・南南東 高度約35°

リゲル・・・・・・南南西 高度約45°

アルデバラン・・・ 南西  高度約65°

カペラ・・・・・・北北西 高度約80°

ポルックス・・・・ 東  高度約65°

プロキオン・・・・ 南東  高度約50°
 

その頃、オリオン座は南の空、
高度約40°~60°あたりにあります。
 

日が変わる頃、オリオン座のリゲルが
最初に西南西の地平に沈みます。

 

 
 

スポンサードリンク


 
 

 

4月上旬
 

午後7時ごろの各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・南南西 高度約35°

リゲル・・・・・・ 南西  高度約30°

アルデバラン・・・ 西  高度約40°

カペラ・・・・・・西北西 高度約60°

ポルックス・・・・南南西 高度約80°

プロキオン・・・・ 南  高度約60°
 

午後10時ごろ、オリオン座のリゲルが
最初に西南西の地平に沈みます。

 

 

5月上旬
 

午後7時ごろの各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・ 南西  高度約20°

リゲル・・・・・・西南西 高度約10°

アルデバラン・・・ 西  高度約20°

カペラ・・・・・・ 北西  高度約40°

ポルックス・・・・ 西  高度約60°

プロキオン・・・・ 南西  高度約45°
 

午後8時ごろ、オリオン座のリゲルが
最初に西南西の地平に沈みます。

 

 

6月上旬
 

午後7時ごろ、プロキオン・ポルックス・
カペラ以外の3つの星は、
すでに西の地平に沈んでいます。

 

 

7月上旬
 

午後7時ごろ、ポルックス・カペラ以外の
4つの星は、すでに西の地平に沈んでいます。

 

 

8月上旬
 

日の出ごろ(午前5時前ごろ)、
東の空に、6つの星が出揃います。

 

 

9月上旬
 

午前2時半過ぎ、東の空に、
6つの星が出揃います。
 

日の出ごろ(午前5時過ぎごろ)の
各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・ 南東  高度約25°

リゲル・・・・・・南南東 高度約45°

アルデバラン・・・南南東 高度約70°

カペラ・・・・・・ 北東  高度約75°

ポルックス・・・・ 東  高度約45°

プロキオン・・・・東南東 高度約30°

 

 

10月上旬
 

午前1時ごろ、東の空に、
6つの星が出揃います。
 

日の出ごろ(午前5時半ごろ)の
各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・ 南  高度約40°

リゲル・・・・・・南南西 高度約45°

アルデバラン・・・西南西 高度約60°

カペラ・・・・・・ 北西  高度約75°

ポルックス・・・・東南東 高度約70°

プロキオン・・・・南南東 高度約55°

 

 

11月上旬
 

午後11時ごろ、東の空に、
6つの星が出揃います。
 

日の出ごろ(午前6時ごろ)の
各恒星の方角と高度は、
 

シリウス・・・・・ 南西  高度約30°

リゲル・・・・・・西南西 高度約20°

アルデバラン・・・ 西  高度約30°

カペラ・・・・・・西北西 高度約50°

ポルックス・・・・西南西 高度約70°

プロキオン・・・・ 南西 高度約55°

 

 

12月上旬
 

午後9時ごろ、東の空に、
6つの星が出揃います。
 

午前1時ごろ、ほぼ天頂付近に来ます。
 

午前6時ごろ、オリオン座のリゲルが
最初に西南西の地平に沈みます。

 

関連記事

冬の大三角とは 星座の名前と星名 方角と探し方 消滅の危機とは!?

オリオン座の三ツ星の名前と意味 恒星・星雲など星座の特徴

おうし座とは 恒星や星雲・星団などの特徴と探し方

 

 

スポンサードリンク


-星座・星・神話
-

執筆者:

関連記事

冬の大三角の神話 オリオン座・おおいぬ座・こいぬ座の物語

冬の夜空に輝く 冬の大三角の神話をご紹介します。   オリオン座・おおいぬ座・ こいぬ座にまつわるエピソードと、 それぞれの星座の神話についても 解説しています。   冬の大三角に …

ヒアデス星団食 4月9日に月が掩蔽 位置と方角、時間帯は?

おうし座のヒアデス星団が、 月によって隠される ”星食”が起こります。   日付は2019年4月9日(火)   位置や方角、時間帯 などの情報も含めて ヒヤデス星団食について まと …

カシオペア座とカシオペヤ座 どっちが正しい?

夜空に輝く”W”の形の星座 といえば、カシオペヤ座ですね!   でも、”カシオペア座”と 表記されている時もあって、 どちらが正しいのか、 迷いますよね?   ”カシオペア座”と” …

ヘルクレス座の恒星の名前 星団や銀河など星座の特徴と見つけ方

ヘルクレス座は一等星などの 明るい恒星が無く、 ギリシャ神話の英雄でありながら、 夜空ではとても大人しい星座です。   ヘルクレス座の恒星の名前 ヘルクレス座に属する星団や 星雲、銀河など …

やまねこ座の位置と方角 見やすい季節とひと月ごとの動き

やまねこ座は、 わりと大きな星座なんですが、 明るい星があまりないので 夜空では見つけにくい星座です。   そんな やまねこ座ですが、   何時ごろ、どの位置(方角や高度)に 出て …