%e3%82%8a%e3%82%85%e3%81%86%e5%ba%a7%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%89%e3%83%b3%e3%81%8c%e5%ae%88%e3%82%8b%e3%83%98%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%aa%e3%83%87%e3%82%b9%e3%81%ae%e9%bb%84

りゅう座の神話 ラドンが守るヘスペリデスの黄金の林檎とヘラクレスの冒険

 

”ラドン”という竜がモデルになった、

という説です。

 

として語り継がれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

りゅう座の神話 ラドンが守るヘスペリデスの黄金の林檎とヘラクレスの冒険

 

女神・ヘラとの婚礼の際、

黄金の林檎の実が成る木を贈られました。

 

世話をするよう命じます。

 

 3人説・4人説・7人説があります。

 

大切に世話をしました。

 

 ラドンに木の番をさせた、ともいわれています。

 

眠らない竜、といわれていました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ミュケナイ(ミケーネ)王・エウリステウスより、

この黄金の林檎の実を取ってくるよう命じられます。

 

ヘラクレスは道中、コーカサス山頂で、

プロメテウスを助けます。

 

わし座とアルタイルの神話 ゼウスとガニュメデス、大鷲について

 

 

ラドンによって守られているので、

 

アトラスなら可能であろうから、

との助言をします。

 

 

天空を支える役目を負わされていたため、

身動きがとれません。

 

代わりに天空を支えていてくれるなら、

という提案をしました。

 

アトラスに替わって天空を支えることにしました。

 

居眠りをしていたラドンの隙をついて、

手に入れることに成功しました。

 

※このくだりには他説があって、

 と言ったので、

 ラドンを射殺し、

 リンゴの実を手に入れることができた、

という説もあります。

 

2.巨神・アトラス説

 

守り続けた功績を受けて、

ラドンを天に上げ、

と言われています。

 

 

また、別の説では、

ギリシャ神話の英雄・イアソンが、

登場した竜だ、とする説もあります。

 

翼のある金色の羊の毛皮で、

眠らない竜によって守られていました。

 

ともいわれています。

 

関連記事

うしかい座の神話 こぐま座・おおぐま座との関係と3つの説

りゅう座とは 星座の特徴と恒星・星雲 方角や見つけ方は?

りゅう座流星群 2019年のピーク・見頃の時間帯は?方角はどのあたり?

 

 

スポンサードリンク

READ  いて座のギリシャ神話 ケンタウロス族の賢者ケイロンの悲話